TOP » 松本正洋先生に聞く!歯医者なんでもQ&A » 無痛治療って本当に無痛ですか

無痛治療って本当に無痛ですか

「歯医者さん=痛い」というイメージは根強く、痛みが怖いから歯医者さんへ行くのをためらってしまう…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、麻酔から治療中まで、まったく痛みを感じない「無痛治療」という方法があるのです。こちらでは、大阪府吹田市のまつもと歯科総院長・松本正洋先生から、無痛治療についてのお話を伺いました。

歯医者治療イメージ

Q.無痛治療ってなんですか?

松本正洋先生より

最初から最後までまったく痛みを感じない治療のことです

無痛治療とは、最初から最後まで痛みがない治療のことです。麻酔から治療までまったく痛みを感じることなく、ストレスフリーな治療を受けられます。まつもと歯科をはじめとする医療法人真摯会でも、無痛治療に力を入れていますよ。

まつもと歯科では、少しでも痛みが予想される処置には必ず麻酔を使っていますから、治療中に痛みを感じることはありません。「痛かったら左手を上げてください」と言う機会もないですね。

歯医者さんが怖くて緊張する方のために、笑気麻酔や静脈内鎮静などの麻酔も用意しています。痛みだけではなく、緊張や不安を感じることのない治療が受けられますよ。

もちろん、肝心の麻酔が痛かったら意味がありませんから、麻酔を打つときにも痛みを感じないように、いろいろ工夫を凝らしています。麻酔を打つから痛みがないのではなく、麻酔すら痛みを感じないほど徹底して無痛治療に取り組んでいます。

松本正洋先生の画像松本正洋先生の画像

Q.麻酔を打つときに痛みを感じるのはなぜですか?

松本正洋先生より

表面麻酔だけでは、完全に痛みを抑えることはできません

「表面麻酔をしていますから痛くありませんよ」と言われたことがある方もいるかもしれませんが、実は表面麻酔の効き目は弱いんです。歯茎に表面麻酔を使っただけでは、痛みを完全に抑えることはできません。表面麻酔だけに頼ってしまうと、どうしても痛みを感じる麻酔になってしまうんです。

麻酔の痛みには「刺入」と「注入」があります。針を刺すときだけではなくて、麻酔を注入するときにも痛みを感じるんですね。麻酔の痛みを消すためには、刺入と注入、両方に気を配らなければなりません。

刺入の痛みを和らげるには、痛みを感じる細胞が集まる「痛点」を避けることが第一ですね。痛点を避けて麻酔を打てば痛みを感じることはないので、表面麻酔をしなくても大丈夫なくらいです。

また、まつもと歯科やクローバー歯科では超極細の針を使っています。細く鋭い針を使うことでより痛みを感じなくなるんですよ。

注入のときの痛みを抑えるには、麻酔薬の温度や、麻酔が効くまでの注入量が大切です。

我々は、麻酔薬を36度まで温めてから注入します。麻酔薬が冷たいと、その刺激で痛みを感じてしまうからです。体温に近い温度にしてあげると、麻酔薬が入ったこともわかりません。

麻酔薬を注入するときも、一気に入れ過ぎると麻酔薬の圧力で痛覚が刺激されてしまうので、麻酔が効くまでは少しずつ注入して痛みを抑えています。

松本正洋先生の画像松本正洋先生の画像


まつもと歯科(吹田市)

住所
大阪府吹田市山田東2-1-1
アクセス
阪急千里線「山田駅」より車で9分
※駐車場26台完備
営業時間
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00
電話番号
06-6878-4500

吹田のまつもと歯科の
公式サイトを見る

まつもと歯科に
問い合わせる

[営業時間]
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00


クローバー歯科クリニック豊中駅前院

住所
大阪府豊中市玉井町1-1-1 エトレとよなか3F
アクセス
阪急宝塚線「豊中駅」直結
営業時間
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00
電話番号
06-6857-4500

豊中のクローバー歯科
豊中駅前院の公式サイトを見る

クローバー歯科豊中駅前院に
問い合わせる

[営業時間]
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00


クローバー歯科クリニック豊中本町院

住所
大阪府豊中市本町7-1-39
アクセス
阪急宝塚線「豊中駅」より徒歩5分
営業時間
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00
電話番号
06-6857-7400

豊中のクローバー歯科
豊中本町院の公式サイトを見る

クローバー歯科豊中本町院に
問い合わせる

[営業時間]
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00

サイト監修・松本先生(まつもと歯科)