TOP » 松本正洋先生に聞く!歯医者なんでもQ&A » 歯の再生医療っていつになったら一般化しますか…?

歯の再生医療っていつになったら一般化しますか…?

仕方なく抜いてしまった歯が、健康な状態で戻ってくる。そんな夢のような話が実現するかもしれません。こちらでは、大阪府吹田市のまつもと歯科総院長・松本正洋先生が、歯の再生医療について詳しく解説してくれました。

再生医療イメージ

Q.歯の再生医療って何ですか?

松本正洋先生より

自分の細胞を使って、新しい歯や周辺組織を作る技術です

歯の再生医療とは、自分の歯や歯周組織を使って、失った機能を回復する技術です。

永久歯を抜いてしまうと、歯はもう生えてきません。ですが、再生医療が実現したら、仕方なく抜いてしまった歯を健康な状態で取り戻せるかもしれないのです。

再生医療に必要なのは、私たちの体にある「幹細胞」と呼ばれる細胞です。幹細胞は、自らを複製し、増殖しながらさまざまな細胞へと成長します。私たちの体を作る200以上の細胞を作り、日々入れ替わる細胞を生み出しているのは、他でもない幹細胞なのです。

この幹細胞が、歯の中にも存在するらしいことが分かってきました。歯の幹細胞を取り出すことができれば、抜いた歯から新しい歯を作り、他でもない自分自身の歯を移植する治療ができる日がくるかもしれません。

失った歯を取り戻す治療はまだありませんが、歯周病治療では再生医療が使われ始めており、歯周病で傷ついた歯周組織の再生をサポートするための治療があります。代表的なものは、人体に吸収される人工膜を縫いつけて歯周組織の再生を促す「GTR法」や、エムドゲインというお薬を使う「エムドゲイン療法」という方法です。ただ、根っこまで歯周病が進んでしまうと再生治療を受けられないので、やはり症状が重くなる前に進行を食い止めなくてはなりません。

これまで、歯周組織は傷ついてしまうと治らないものでした。歯周組織は歯を支えるために必要なものなので、「歯周組織が傷ついているから抜くしかない」と考える歯科医も多かったんです。しかし今では、重度の歯周病でなければ歯を抜かなくても治療ができるようになりました。

このように、歯科の世界にも徐々に再生医療が浸透しつつあります。

松本正洋先生の画像松本正洋先生の画像

Q.歯の再生医療はいつ一般化しますか?

松本正洋先生より

歯をまるごと再生させる目途は立っていません

歯を完全に再生させるのは、今の技術では難しいですね。歯をまるごと再生させる治療が一般化するのは、残念ながらまだ先の話になるでしょう。再生医療はまつもと歯科やクローバー歯科でもぜひ取り入れたい分野ですが、「あと5年で一般化できる」と言われてから、もう5年以上過ぎてしまいました。未だ実現の目途は立っていないのが現状です。

とはいえ、いつになるかはまだ分かりませんが、歯の再生医療はきっと一般化すると思いますよ。いずれ歯の再生医療が確立したら、まつもと歯科をはじめとする医療法人真摯会でも積極的に取り入れていくつもりです。

松本正洋先生の画像松本正洋先生の画像


まつもと歯科(吹田市)

住所
大阪府吹田市山田東2-1-1
アクセス
阪急千里線「山田駅」より車で9分
※駐車場26台完備
営業時間
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00
電話番号
06-6878-4500

吹田のまつもと歯科の
公式サイトを見る

まつもと歯科に
問い合わせる

[営業時間]
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00


クローバー歯科クリニック豊中駅前院

住所
大阪府豊中市玉井町1-1-1 エトレとよなか3F
アクセス
阪急宝塚線「豊中駅」直結
営業時間
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00
電話番号
06-6857-4500

豊中のクローバー歯科
豊中駅前院の公式サイトを見る

クローバー歯科豊中駅前院に
問い合わせる

[営業時間]
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00


クローバー歯科クリニック豊中本町院

住所
大阪府豊中市本町7-1-39
アクセス
阪急宝塚線「豊中駅」より徒歩5分
営業時間
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00
電話番号
06-6857-7400

豊中のクローバー歯科
豊中本町院の公式サイトを見る

クローバー歯科豊中本町院に
問い合わせる

[営業時間]
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00

サイト監修・松本先生(まつもと歯科)