「吹田市の歯医者に教わる」歯の健康ガイド » 吹田の歯医者さんによる歯の治療方法ガイド

吹田の歯医者による歯の治療方法ガイド

吹田市の歯科事情は吹田でいちばんの歯医者さんに聞くのがいちばん!当サイトでは、吹田市にお住いの方のお口の健康を守るために、吹田市で開業25年、約45,000人(吹田市人口の15%)が来院したという、まつもと歯科の総院長・松本正洋先生にお話を聞いてきました。

正しい歯科治療のすべてがわかります。

吹田市のまつもと歯科で受けられる歯科治療一覧

子どもの歯磨きの様子

お子様に対する歯科診療は、虫歯になってからの治療はもとより、予防がとても大事です。治療にいたらないよう、まずは定期健診を受けるようにしましょう。また、お子様が抵抗なく歯科医院へ通えるよう、キッズルームの有無などを基準にしてクリニック選びをしても良いかもしれません。

虫歯イメージ

虫歯とは、口の中に存在するミュータンス菌などが発する酸により、歯のカルシウムなどが徐々に溶かされてしまう症状のこと。最終段階まで悪化すると、根元からの抜歯が必要になります。多くの患者は保険診療で虫歯を治しますが、審美性などの観点からセラミックなどの自由診療を選ぶ患者も少なくありません。

治療中の写真

歯周病とは、口の中のケアが不十分なことを原因に、歯垢や歯石がたまって歯茎が腫れたり出血したりする症状のこと。症状が末期までいたった場合、抜歯が必要となります。歯石除去等の方法で進行を抑えることができますが、最も大切な歯周病対策は予防。歯科医院における定期健診が非常に大事です。

予防歯科のイメージ

予防歯科とは、歯のさまざまなトラブルの予防を目的に用意されている診療科のこと。具体的には歯の定期健診やクリーニングなどを指しています。歯周病や虫歯の早期発見・早期治療のため、定期健診の受診はとても大切です。最低でも半年に1度は歯科医院で検診を受けるようにしましょう。

矯正イメージ

矯正歯科とは、歯並びや噛み合わせを矯正する専門診療科のこと。従来からある金属ワイヤーを使った方法のほか、目立たないホワイトワイヤーを使った方法、歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着する方法、着脱可能な透明マウスピースを使った方法など、矯正歯科ではさまざまな治療法を用意しています。

子どもの歯ブラシ

子どもの歯列育形成とは、顎を広げる矯正を行うことにより、歯並びを良くする治療法のこと。歯列育形成が必要な症例の子どもにおいて、矯正をせずに放置をすると、永久歯に生え変わってからも歯並びや噛み合わせに問題が生じることがあります。子どものうちの矯正治療が大切です。

予防歯科のイメージ

インプラントとは、歯を根元から失ったときの治療法の一つ。顎の骨にチタン製の人工歯根を埋入し、骨との結合を確認してから上部構造などの人工歯を被せる治療法です。高い技術力が要求される治療法なので、クリニックを選ぶ際には慎重になったほうが良いでしょう。

歯医者

審美歯科とは、歯を美しくすることを目的とした専門診療科のこと。歯の見た目を良くすることを目的としたセラミック治療・ホワイトニング・矯正治療などは、審美歯科の領域となります。審美治療はすべて自由診療。接客業や営業職の中には、審美歯科を利用する方も少なくありません。

ホワイトニングイメージ

ホワイトニングとは、過酸化水素などの薬剤を使用し、黄ばんだ歯を白くする治療のこと。歯科医院で受けるオフィスホワイトニングと、患者が自宅で行うホームホワイトニングがあります。差し歯などの人工歯には効果がありません。人工歯を白くするには、セラミックなどの別の治療法が必要です。

治療イメージ

親知らずは、上下左右の歯茎の一番奥にある計4本の歯のこと。親知らずが原因で歯並びが悪くなったり虫歯になったりなど、さまざまなトラブルを招くことがあります。症例にもよりますが、トラブルが生じた場合には、親知らずを削ったり抜いたりする必要があります。

歯医者

ノンメタル治療とは、金属を使用しないで行う治療のこと。金属の代わりとして主にセラミックを使用して行う治療のことを、ノンメタル治療と呼んでいます。天然歯と同様の審美性を維持できるメリットのほか、金属アレルギーのリスクを回避できるなど、ノンメタル治療にはさまざまなメリットがあります。

無痛治療イメージ

無痛治療とは、文字通り痛みのない治療のこと。治療中の痛みだけではなく、麻酔薬を注入するときの痛みも極力感じさせないよう処置をします。歯医者恐怖症の主要な原因は、過去に受けた痛い治療。無痛治療を行う歯科医院が増えれば、歯科治療に前向きになる人も増えることでしょう。

まつもと歯科のその他のサービス

まつもと歯科では、LINEによる無料相談を行なっています。LINE@(公式アカウント)を使った1対1トークのため、安心して利用できるサービスです。

「歯が痛い」や「歯の色を白くしたい」など、お口に関する様々な悩みを相談できます。相談内容にそった治療方法をLINE@から回答してくれるので、悩みがあれば足を運ばなくとも簡単に問合せができます。

使用方法は、スマートフォンのLINEアプリに友達追加するだけ。まつもと歯科の公式サイトに掲載されているQRコード、またはIDから追加できます。

まつもと歯科で行なっている歯科治療はさまざまです。小児歯科から大人の虫歯治療、歯周病やインプラント、ホワイトニングにも対応しています。歯列育形成や審美歯科も行なっているので、歯科治療一覧もあわせてチェックしましょう。

まつもと歯科の特徴

子連れでも安心して受診できる!無料託児所を用意

「治療に行きたいけど小さな子供がいるので行けない」「治療中に子供を預けるところがない」など、お子様の世話が障害となり歯科治療を受けられない方のために、まつもと歯科では無料のチャイルドルームを用意しています。

利用時間は平日19:00まで、土曜日は18:00まで。利用の対象となるお子様は0才から幼稚園児までとなります。以下、まつもと歯科のチャイルドルームのポイントを2つピックアップしてみました。

室内には保育・幼稚園の有資格者が常駐

チャイルドスペースを設けている歯科クリニックは決して少なくありませんが、その大半は、単なるお子様の遊び場です。受付スタッフが気にしてお子様に目を配る程度で、原則、お子様の安全管理上の責任は保護者にあります。

一方、まつもと歯科のチャイルドルームには、保育士または幼稚園教諭の資格を持った専門家が常駐。保護者の治療が終わるまで、責任を持ってお子様を預かります。

利用料が無料

少数ながらも、ほかにも有資格者が管理する託児所を用意している歯科医院はいくつかあります。しかしながら、その大半は利用料が有料です。

一方、まつもと歯科のチャイルドルームは、利用料が完全無料。保護者が支払う費用は、ご自身の治療費のみです。

治療を終えて受付で次回の治療の予約をする際、併せてチャイルドルームの予約も入れることが可能。治療が終わるまで、何度でも無料でチャイルドルームを利用することができます。

所属医師14名の大所帯歯科クリニック

一般的な歯科医院は、院長以下1~2名の非常勤歯科医が在籍する程度の規模ですが、まつもと歯科に在籍する歯科医は実に14名。エリア最大級の規模を誇る歯科クリニックです。

もちろん人数が多いだけではなく、各歯科医の経験・実力は十分。以下、まつもと歯科に在籍する歯科医師を代表して、総院長、および院長の経歴を簡単にご紹介します。

松本正洋 総院長

まつもと歯科総院長・法人理事長。長崎大学医学部を卒業後、大阪渡辺病院歯科口腔外科に入職。1993年にまつもと歯科を開院し、のち医療法人真摯会を設立。ハーバード大学やUCLAなど、歯科先進国のアメリカを中心に国際的にも活躍するドクターです。インプラントの名医として著名で、過去の埋入本数は284,000本と国内屈指(8院合計)。歯科医師にして医学博士、日本杭加齢医学会認定専門医などの資格を保有するなど、医療全般に造詣の深いドクターです。

山口聡哉 院長

大阪大学歯学部を卒業後、池田市立病院口腔外科に入職。のち、まつもと歯科に転じ、10年以上にわたり同院での診療に従事。2016年より、同院院長に就任しました。一般歯科診療のほかに、インプラント、歯列矯正、審美治療などの症例が非常に豊富。インプラント認定医、インビザライン認定医、デーモンシステム認定医など、国内外の数々の専門資格を保有しています。

安心・安全な治療を保証する「外来環」を取得

まつもと歯科は、歯科外来診療環境体制(外来環)を取得しているクリニック。外来環とは、安全性の高い治療を行っていることを証明する歯科医院の大事な基準です。

外来環を取得するためには、たとえば以下のような基準を満たしていなければなりません。

  • 緊急時の初期対応が可能な医療機器(AED、酸素ボンベなど)を設置していること
  • 緊急時に円滑な対応ができるよう、事前に他の医療機関と連携体制が取れていること
  • 治療に使用する医療機器について、患者ごとの交換や、専用機器による洗浄・滅菌処理等、十分な感染症対策を行っていること

ほかにも4つの厳格な基準があり、それらすべてを満たした歯科医院のみ「外来環」を取得することができます。安全な治療を受けるためには、かならずチェックしておくべき項目と言って良いでしょう。

充実の歯科診療設備

歯科専門の医療法人として西日本最大級のまつもと歯科。導入している歯科診療設備も、西日本屈指の最新型機器ばかりです。

歯科用CTスキャン

インプラントを行うときに使用する機器。安全かつ正確にインプラントを行うためには必須のマシンです。

歯科用レーザー

歯茎の切開、止血、殺菌、蒸散などを目的に使用する炭酸ガスレーザー機器。口内炎の治療にも有効です。

マイクロスコープ

歯を12倍に拡大して観察できる機器。手術用顕微鏡とも言われます。根管治療を正確に行うための強い味方です。

セレックシステム

クラウン(被せ物)製作のための最新システム。3Dコンピュータを搭載しています。

口腔外バキューム

治療で生じる有害なアマルガムなどを除去する際に使用します。希望の患者には、通常の診療でも使用が可能です。

BRソニック

骨密度が低い方や骨の代謝が弱い方などに対し、骨の形成を促進させるための機器。対象部分に超音波を数回照射することにより、明らかに骨の状態が良くなります。

低被ばくのデジタルレントゲン

通常の歯科用レントゲンよりも被ばく量が低いレントゲン装置を導入。被ばく量は通常の1/8程度です。

監修:まつもと歯科

松本先生の画像

松本 正洋歯科医・医療法人真摯会理事長

吹田市のお口の健康事情について教えてくれた、「まつもと歯科」の松本正洋院長にお話を聞いてみました。

――まつもと歯科は開院25年、なんと吹田市の人口15%にもあたる44,500人以上の患者さんが来院しています。松本先生は、なぜ吹田市に歯医者をつくろうと思ったのですか?

松本正洋院長:僕自身は広島の出身で、吹田のことは詳しくなかったんですが、医院を出そう思ったときに、歯医者が少ないところで、と思って色々調べた結果、吹田市に決めたんです。そのときは、こんな3階建てのビルになると思わなかったですね

――25年間吹田で治療を行って、先生が感じている変化などはありますか?

松本正洋院長:ご家族が2世代、3世代で通ってくださることも増え、皆さん自然と「歯医者は痛くなってから通うのではなく、定期的に通うもの」という意識ができているのを感じます。虫歯がどうにもならない状態で来る方などは、そう多くないです。

――松本院長が、治療の際に心がけていることはありますか?

松本正洋院長:医療法人真摯会の理念は「技術と愛情」で、常にそこは大切にしています。技術があれば痛みは軽減できて、患者さんの歯医者への苦手意識がなくなりますよね。愛情があれば無駄な治療は勧めませんし、その方の将来を考えて、適切な治療計画を提示できると思います。「歯医者が嫌い」「怖い」という気持ちはあるかと思いますが、僕らにできることは「歯医者に行ってみたら痛くないし、気持ちよくクリーニングしてもらえたし、それで口の中の健康が保たれるなら、通おうかな」と思ってもらうことです。

――近年は、歯周病が健康にも害を及ぼすことが知られて来たり、「生涯医療費は歯で決まる」という記事が新聞に掲載されたり、口腔環境の大切さが謳われています。

松本正洋院長:3か月に一度の定期ケアで健康に過ごせるのであれば、それにこしたことはありません。まつもと歯科の治療は本当に痛くないので、一度騙されたと思って来院してみて欲しいですね(笑)。


まつもと歯科

住所
大阪府吹田市山田東2-1-1
アクセス
阪急千里線「山田駅」より車で9分
※駐車場26台完備

吹田のまつもと歯科の
公式サイトを見る

まつもと歯科に
問い合わせる

[営業時間]
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00

関連ページ

サイト監修・松本先生(まつもと歯科)