審美歯科

歯の見た目を美しくする審美歯科。こちらでは、吹田市のまつもと歯科を取材し、セラミックやホワイトニングの治療方法を特集しています。総院長の松本正洋先生から審美歯科に関するアドバイスもいただきましたので、ぜひご覧ください。

吹田市にあるまつもと歯科の審美歯科

まつもと歯科が行なっている審美歯科には、自然な歯に似せた被せ物をつけるセラミックと、歯を白くするホワイトニングがあります。どちらも歯の見た目を美しくする治療です。歯並びを良くする矯正についてはこちらのページで詳しく紹介します。

セラミック

金属やプラスティック素材のレジンと違って、自然な歯と同じ色合いの被せ物が「セラミック」です。

セラミック治療をした方の歯がどのように変わるのか、まつもと歯科の症例を紹介します。

セラミックの種類

オールセラミック

オールセラミックのメリット

  • 審美性・耐久性・虫歯や歯周病のなりにくさは最高クラス
  • 金属フリーなのでアレルギーの方も安心して使える

オールセラミックのデメリット

  • 費用はセラミックの中で最も高い

まつもと歯科の費用

  • 1本:12万円(税抜)
オールセラミックイメージ

画像提供元:松本歯科
https://www.matsumoto.or.jp/sin_shinbi/

見た目の美しさ・耐久性・歯周病や虫歯のなりにくさ、すべてにおいて最高クラスのセラミックです。金属はまったく使っていないため、金属アレルギーの方でも安心して歯に被せられます。

また、天然歯のような自然な色合いと透明感が特長。汚れがつきにくく、一生涯にかけて変色しにくいです。前歯のような人目につく場所ならオールセラミックをおすすめします。

デメリットを挙げるなら、最高クラスだからこそ料金が高くなってしまうこと。まつもと歯科ではクレジットカード払いのほかに分割払いも選べますので、迷っている方は気軽に問い合わせてください。

セラミッククラウン

セラミッククラウンのメリット

  • 中身が金属なので割れにくい
  • ほとんどの部位で使える

セラミッククラウンのデメリット

  • 色調はオールセラミックにやや劣る
  • 金属に弱い方には向かない可能性がある

まつもと歯科の費用

  • 1本:9万円(税抜)
セラミッククラウンイメージ

画像提供元:松本歯科
https://www.matsumoto.or.jp/sin_shinbi/

オールセラミックにはやや劣るものの、天然歯に近い色調で見た目が良いのがセラミッククラウンです。内部が金属になってるため割れにくく、ほぼすべての部位に使えるというメリットがあります。歯周病や虫歯になりにくいのも見逃せないポイント。安全性が高く、美しく仕上がる被せ物を選びたいならセラミッククラウンが良いでしょう。

色調はオールセラミックに敵いませんが、その分、料金は安めに設定されているので被せる部位によって検討してみてください。

セレッククラウン

セレッククラウンのメリット

  • セラミックの中で一番安い
  • 5年の保証期間がついている

セレッククラウンのデメリット

  • 3Dコンピューターで作るので、天然歯のようにはできない
  • ブリッジは対応できない

まつもと歯科の費用

  • 1本:5万9,800円(税抜)
セレックイメージ

画像提供元:松本歯科
https://www.matsumoto.or.jp/sin_shinbi/

「セラミックにしたいけど高くてできない」とあきらめていた方にとって嬉しいセラミック治療の1つが、セレッククラウンです。セレックと呼ばれる歯科用の3Dコンピューターでセラミックの被せ物を作ります。銀歯やレジンと比べて見栄えが良く、セラミックの中で最も安い料金なのが最大の魅力。

ただし、技工士ではなくコンピューターが作るため、審美性はオールセラミックよりも劣ります。歯を失った部位の穴埋めとして採用されている「ブリッジ」も非対応なので、歯科医と話し合いながら進めるのがベストです。

セラミックを美しく見せる5つのコツ

まつもと歯科では、口元をキレイに見せるため、次のポイントを押さえています。

  1. ゆるやかなカーブで歯のスマイルラインを作る
  2. 歯の大きさは黄金比でそろえる
  3. 歯の角度が内側に向くよう調整する
  4. 顔の中心と歯の中心を合わせる
  5. 前歯の先端を結んだラインと黒目のラインを平行にする

前歯から奥歯に向かって直線ではなく上向きにゆるやかなカーブを作ることで、笑顔をより美しく見せます。歯の横幅は黄金比に基づいて決定。角度はやや内側、口の奥に向けるように調整すると自然な歯並びに仕上がります。

また、縦は顔の中心を、横は黒目をベースにして直線になるようにそろえると左右対称になり、バランスの良い顔になるのです。

ホワイトニング

変色してしまった歯を削らずに白い歯に生まれ変わらせるのがホワイトニングです。歯科医院でする「オフィスホワイトニング」と自宅でセルフケアする「ホームホワイトニング」があります。

短時間で白くしたいならオフィスホワイトニングが良いでしょう。ただ、1~3回ほど通院しなければキレイに漂白できない方もいますので、なかなか通えないという方はホームホワイトニングがおすすめです。

まつもと歯科で行うオフィスホワイトニング(ポリリン酸ホワイトニング)

まつもと歯科で行っているオフィスホワイトニング(ポリリン酸ホワイトニング)は、「第4世代ホワイトニング」とも言われる治療法。炭素とプラチナナノコロイドを配合した専用のジェルを歯に塗り、その上から歯科用ライトを約9分間×3回ほど照射します。たったこれだけの治療で、早くも治療直後には歯が自然な白色に変化。ジェルの主成分である分割ポリリン酸が歯に浸透することで、審美的な効果に加えて歯周病・虫歯予防の効果も得られる一挙両得のホワイトニングです。

ほぼ無痛なので麻酔は必要なし。従来からある一般的なホワイトニングに比べて治療時間が短く、かつ、より高いホワイトニング効果とより自然な仕上がりが実現します。

歯を白くするホワイトニングも見てみる

矯正歯科

歯並びを整えることで、審美治療と同じく見た目の印象を良くできます。矯正歯科にはワイヤーを使う治療やマウスピースによる治療など、種類は複数あります。ただ、ワイヤー矯正は目立つというデメリットがあるので、見た目を気にして治療を躊躇する人もいるでしょう。しかし、今は裏側から矯正できる裏側矯正や器具が透明で取り外しが簡単なマウスピース矯正などがあります。

矯正中の見た目の問題が気になる方や、仕事上の理由で審美性を維持したまま矯正をしたいという方には、目立たない矯正装置がおすすめです。インビザラインやホワイトワイヤー矯正といった方法で矯正すれば、見た目の問題は概ね解消されることでしょう。

インビザライン

インビザラインとは、歯に透明なマウスピースを装着する矯正法のこと。装置の表面はナチュラルな艶を帯びているため、至近距離でも矯正中であることが気づかれにくいとされています。

インビザライン以外にもマウスピース型の矯正はありますが、いずれも症例が限定的な点がデメリット。それに対してインビザラインは、比較的幅広い症例に対応できることが特徴で、今や世界中で400万人以上の方がインビザライン矯正を受けていると言われています。

他の矯正法に比べ治療期間を正確に予測できる点もメリット。計画的に治療が進むため、治療へのモチベーションが低下しません。

ホワイトワイヤー矯正

ホワイトワイヤー矯正とは、白色のワイヤーを用いて行われる矯正法のこと。歯と同じ白色のワイヤーを装着するため、従来の金属ワイヤーを使用した矯正に比べると、大幅に目立ちにくくなり、一般的に審美矯正などと呼ばれたりしています。至近距離では気付かれることもあるかも知れませんが、一定の距離を置いた他人からは、装置に気付かれることはほとんどないでしょう。

白いセラミックブラケットを併用することで、より目立ちにくくなります。

歯並びを整える矯正治療も見てみる

審美歯科とは

歯の治療をする際、機能性に加えて見た目の美しさも重視するのが審美歯科です。例えば虫歯治療を行う場合、銀歯を使うとものを噛めるようにはなりますが天然の歯と並べると目立つというデメリットがあります。審美歯科ではセラミックという歯に近い色の材料を使用するため、目立たず自然な歯を再現することが可能です。

セラミックは陶材(とうざい)で金属を使わない治療法があるため、金属アレルギーの人でも安心して利用できます。キレイな歯を作ることができるので、今よりもキレイな表情を作りやすくなるのがメリットの一つ。人と直接関わる職業の人におすすめです。

審美歯科の治療の種類

セラミッククラウン

虫歯治療で歯を削った時や、歯並びを治したい時に使用する治療法です。名前の通り、人工歯にはセラミックを使用します。天然の歯のような仕上がりにできるため、見た目の美しさを保てるのが魅力です。噛む力の強い奥歯以外の歯に向いています。種類は、セラミックを金属に焼き付けるメタルボンドと、全てセラミックで行うオールセラミックの2つがあります。

ホワイトニング

歯を削らずに歯を白くする治療で、歯にかかる負担が少ないのがメリットです。クリニックで行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングの2種類があります。

オフィスホワイトニングは、歯に薬剤を塗布して光を10分ほど照射する治療法です。照射によって固まった薬剤は洗い流し、もう一度薬剤を塗布して照射。固まったらまた洗い流しを数回繰り返します。最後に薬剤を洗い流して終了です。

ホームホワイトニングをする場合は、口内の型を取って専用のトレーを作成してもらいます。まずトレーに薬剤を流し込んで歯に装着。後は歯ブラシで余分な薬剤を取り除き、数時間付けたままにします。トレーを外して歯ブラシで薬剤を除去し、ぬるま湯で口をゆすいで終了です。

ラミネートベニア

上あごの前歯によく使用される治療法で、歯の表面を削って薄いセラミックを貼り付けます。見た目をより美しくできるうえ、歯を大きく削らないため神経を傷つけずに済むのがメリットです。

耐久性は高いですが、歯ぎしりや強くかみしめる癖がある人だと割れてしまう可能性も。貼り付けるという方法で行うため、虫歯があることで歯に接着しにくいと判断された場合は治療を受けられない可能性があります。

審美矯正

審美性を高める目的で矯正を行う治療のことを、審美矯正と言います。

一般に審美歯科とは、歯の機能性を高めることと並行して、歯の審美性を高めることを目的に行われる歯科治療のこと。審美性のみを追求する治療も審美歯科の領域です。

一方で矯正の本来の目的は、乱れた歯並びを正常な位置に整えることで、噛み合わせの不具合を治すこと。矯正治療を審美的な目的で行う場合、これを総称して審美矯正と言います。

審美矯正の具体的な例として、セラミッククラウンが有名。歯並びを美しくするとともに、歯の色も美しくするなど、高い審美性を持ち合わせた審美矯正治療です。

審美歯科の歴史

審美歯科が誕生したのは20世紀後半とされていますが、それよりも前から歯を美しくしようとする取り組みは行われていました。11世紀に女性医師が書いた本「女性の化粧」では、「ワインで口をゆすいで乾かし、新品の白い布で拭く。それから毎日セリやパセリを噛めば歯肉がキレイになり歯が白くなる」と記述されています。歯を白くするという行為は、数百年も前から医師に注目されていました。

審美治療としてセラミッククラウンが使われ始めたのは、1950年代に開発されたメタルセラミック冠がきっかけです。それまでのセラミックは硬くて割れやすいというデメリットがありましたが、金属で補強されたことにより現在も有効な審美治療として活用されています。

またラミネートベニアに関しては1920年代からその原型があったとされており、映画スターの撮影用に取り外し式のものを使用していたとのことです。その他にはプラスチックを材料とした治療法が行われていましたが、変色や表面がすり減るという欠点がありました。プラスチックに変わる材料として、頑丈で審美性に優れたセラミック製のラミネートベニアが誕生したのです。

松本正洋先生の画像

松本 正洋歯科医・医療法人真摯会理事長

歯がキレイになる…実はそれだけで毎日がかなり変わります。「笑う時にいつも口を隠していたけど、今は大丈夫です」というお声もよくいただきます。接客業や営業の方もよく来院されます。それは、「他人の口元が気になる=自分も見られている」という意識が皆さんあるのだと思います。

審美歯科というとすごく高いイメージをお持ちの方もいらっしゃると思うのですが、様々なメニューを取り揃えていますので、ご希望の価格帯や仕上がりなどを相談しながら治療方針を決めていきましょう。


まつもと歯科

所在地
大阪府吹田市山田東2-1-1
アクセス
阪急千里線「山田駅」より車で9分
※駐車場26台完備
電話番号
06-6878-4500

吹田のまつもと歯科の
公式サイトを見る

まつもと歯科に
問い合わせる

[営業時間]
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00

関連ページ

免責事項

審美歯科治療は、セラミックなどの歯に似せた被せ物を装着することで歯の見た目を美しくする治療です。

症状や治療法、クリニックによって費用は異なります。治療回数や期間もそれぞれ異なりますので、詳しくはクリニックへご相談ください。副作用やリスクなども治療方法によって異なりますので、不明点や不安な部分については、クリニックの医師に相談してから治療をご検討いただくことを推奨いたします。

サイト監修・松本先生(まつもと歯科)