インプラント

今や歯科治療の主要な治療法として十分に市民権を得たインプラント。最近では街中でインプラントという文字を多く見かけるものの、一方で、それが具体的にどんな治療であるのかを、きちんと理解していない方もいるかも知れません。

そこで、こちらのページでは、多くの方にインプラントのことを正しく理解してもらうために、管理人から専門家にインタビューをしてみました。インタビューを快諾してくださったのは、インプラントの豊富な症例を持つ「まつもと歯科」(大阪府吹田市)の総院長、松本正洋先生です。

治療のメリットだけではなくデメリットも先生に率直に聞いてみましたので、インプラントのことが気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

インプラントイメージ

まつもと歯科のインプラント治療

全研本社ヘルスケア編集部

本日はお忙しいところ、インタビューを快諾していただいて、誠にありがとうございます。さっそくですが、先生が総院長を務める「まつもと歯科」のインプラント治療に関して教えてください。

松本正洋先生

はい。当院では大きく分けて以下の5種類のインプラントを行っています。それぞれ詳しく解説していきますね。

インプラント

通常のインプラント治療では、歯のない箇所に人工の歯根を埋めます。歯根が骨と結合した後、人工の歯を被れば治療は完了です。前歯や奥歯など、どの位置の歯にも適用が可能です。入れ歯や他の歯にも被せ物をするブリッジと比べ装着後のかみ合わせが良く審美性に優れているため、キレイな歯を手に入れたい人に向いています。

Allon4(オールオンフォー)

4本のインプラントを使い人工歯全てを支える治療法です。医師の高い技術力が必要とされます。

骨密度の高い前歯周辺の歯茎にインプラントを埋め込むため、奥歯にある太い神経や血管を傷つけるリスクを避けられるのがメリットです。

抜歯即時インプラント

抜歯と同時にインプラントを埋め込む手術です。インプラント埋入時に歯茎を切開せずに済むので、手術時の負担を軽減できます。従来のインプラントと比べ、治療期間を短縮できるのが嬉しいポイントです。

ノーベルガイド

抜歯即時インプラントと同じく、歯茎を切らずにインプラントを埋め込む治療法です。CTで撮影した画像をもとに正確な埋入位置を決めて埋入を実施するため、治療時間の短縮ができます。

即時荷重インプラント

インプラントを入れた直後に仮の人工歯を固定します。治療を受けたその日に物を噛むことが可能です。1つの歯から総入れ歯まで幅広く対応できますが、骨の密度や厚さが足りないと行えないというデメリットがあります。

全研本社ヘルスケア編集部

ありがとうございます。私もインプラントのサイト管理人として、それらの治療方法があることは存じています。ただ、ぜんぶの種類に対応しているクリニックはあまり多くないというのが現状ですよね?

松本正洋先生

すべてに対応というのは、多くはないと思います。

インプラントを利用した義歯

全研本社ヘルスケア編集部

通常のインプラント治療だけでなく、インプラントを利用した義歯にも対応していると伺いました。詳しくお聞かせ願いますか?

松本正洋先生

はい、対応しています。インプラントを使用した義歯については、大きく以下の2つを使用しています。

磁石を使ったインプラント

インプラントが骨と結合した後、インプラントに磁石を取り付けます。同じく入れ歯にも磁石を取り付けてインプラントへ装着して完了です。体への負担が少なく、安定感があります。通常の入れ歯よりも強くものを噛めるのがメリットです。埋め込むインプラントの数が通常のインプラント治療と比べて少ないので、その分費用を抑えられます。

ロケーター義歯

ロケーターはボタンに似た留め具のことを指します。安定感が高く、取り外しできるのが特徴です。手入れがしやすく、インプラントの数が最小2本で治療できるため体への負担や費用を軽減できます。

お試しインプラント

全研本社ヘルスケア編集部

先生のクリニックで「お試しインプラント」という業界初の試みがあるとうかがいました。どんなものなのか、具体的に教えてくださいますか?

松本正洋先生

はい。「お試しインプラント」とは、簡単に言えば、体験型のインプラントです。本物のインプラントではありません。本物のインプラントを入れるかどうか迷っている患者さんに対して、インプラントのメリットやデメリットを実際に体験してもらうために、簡易的なインプラントを入れてみる、という試みです。

本物のインプラントはオーダーメイドで作りますが、「お試しインプラント」は既成の材料を使います。人工歯根の太さは、本物のインプラントの半分くらい。それでも十分に本物のインプラントの使用感が分かると思いますよ。

まつもと歯科のインプラントの費用

全研本社ヘルスケア編集部

まつもと歯科でのインプラント費用は関してはどうなっているのでしょうか。一般にインプラントは自由診療で料金は自由に設定できるため、高いと言われていますが…

松本正洋先生

当院の費用は、おおむね全国のインプラントの相場通りだと思います。

例えば、初めてインプラントを受ける方の場合、手術費用・土台・被せ物などの料金を含めて、1本36万円です。

2本でブリッジにした場合だと手術費用・土台・被せ物などの料金を含めて79万円になります。ちなみにそれぞれ消費税は別です。

相場通りとは言っても、それが経営的にはギリギリのラインなんですよ。どの歯科医院でも同じです。インプラントの品質を落とせば、もっと安くできるんですが、性能や寿命を考えると、品質を落とすことはできませんね。

その代わり当院では、少しでも患者様の負担を軽くしていただけるようにと、最大120回までの分割システムを用意させていただいています。インプラント1本なら、月々の支払いが3,800円からになるので、だいぶ気持ち的なハードルは低くなるのではないでしょうか?必要な方は気軽にお申し出いただきたいと思います。

クレジットカードでの支払いにも対応しています。一括ではなく、分割でもリボでもお支払いできますのでご安心ください。

まつもと歯科のインプラント治療のこだわり

インプラント治療の流れ

全研本社ヘルスケア編集部

先生のクリニックで行っているインプラント治療について、大きな流れを教えていただけますか?

松本正洋先生

治療自体の流れとしましては以下のようになります。他の歯科医院で行っているやり方と変わりません。

  1. 歯ぐきの切開
  2. 骨からはぐきをはがす
  3. 温度を上げないように骨を削る
  4. 骨にインプラントを埋め込む
  5. 歯ぐきを縫い合わせる

まつもと歯科のインプラント治療の特徴

全研本社ヘルスケア編集部

ありがとうございます!ここからは、まつもと歯科さんのインプラント治療のこだわりなどについてお伺いしていきたいと思います。他の歯医者さんとココが違う!という部分はありますか?

松本正洋先生

そうですね。かなりこだわりを持って治療しているかと思います。何せ24時間インプラントの事ばかり考えてますから。順番に説明させていただきますね。

47名の歯科医師によるチーム医療

現在、医療法人真摯会では47名の歯科医師が働いています。これらの歯科医師のうち数名がチームを組んで、治療前に患者さん一人ひとりの治療計画を綿密に打ち合わせします。何人かの医師の意見を取り入れると、精度の高い治療がが提供できるんですね。一人の先生に診てもらうよりも、複数の先生に関わってもらったほうが、確実な治療が期待できますよね。

無痛治療

痛みのない治療を心がけていることも、当院の特徴だと思います。

痛みを抑えているポイントは3つあります。1つめが、歯茎の痛点を避けて麻酔を打つこと。2つめが、人肌に近い36度に温めた麻酔薬を使うこと。3つめが、1秒に1滴のペースで、麻酔薬をゆっくりと注入していくことです。

麻酔をするときの痛みさえ通過してしまえば、あとは麻酔が効いているので、治療にはあまり痛みを感じません。結果として、痛みに配慮した治療ができる、ということになります。

安全な手術への取り組み

手術の安全性には徹底してこだわっています。安全なインプラントをするときに一番気を使うのが、歯茎にある血管や神経を避けることなんですね。特に神経を傷つけてしまうと、後遺症が残ってしまうことがあります。こうしたリスクを避けるためにも、当院ではCTを駆使して、レントゲンだけでは見つけられない小さな神経も十分に把握してから治療を行っています。

インプラントは未熟な医師が安易にやる治療ではありません。ただし、経験がしっかりあって、十分な設備が整っている歯科医院であれば、インプラントは決して怖くない手術であることも理解しておいてください。

歯周病になりにくいインプラントの使用

当院では、アストラゼネカ社製とノーベルバイオケア社製の2種類のメーカーのインプラントを導入しています。どちらもスイスのメーカーだけあって、とても品質がいいですね。ちなみにスイスはインプラントの発祥の国です。

インプラントと土台の連結部分がコニカルシールという円錐形になっており、連結部分に隙間ができにくいのが特徴。これにより隙間から細菌が入りにくくなり、歯周病をはじめとする感染症が起きにくくなっています。

インプラント治療を受けるなら、こうした高品質のメーカーのものを使用している歯医者さんを選んだほうがいいですよ。

一つの判断基準として、治療費をチェックしてみてください。インプラントの妥当な料金は30~40万円くらいです。この値段を割ってしまうと、歯医者では採算がとれません。つまり、この値段を割っている歯医者では、安くて粗悪なメーカーのインプラントを使っている可能性がある、と考えられます。

インプラントのメリット・デメリット

全研本社ヘルスケア編集部

インプラントはとてもメリットの大きい治療だと思うのですが、そうは言っても、デメリットもあると思うんですよね。そこで、先生の目から見たインプラントのメリットとデメリットを教えていただけますか?特にデメリットを正直に説明して欲しいのです。

松本正洋先生

分かりました。

インプラントのメリット

まず最大のメリットが、限りなく天然の歯に近い状態になる、ということです。見た目も噛む力も、ほとんど天然の歯と変わりません。

ほかにも、ブリッジとは違って、健康な歯に与える負担が少ないことがメリットだと思います。また、入れ歯とは違って、毎日のわずらわしい手入れが不要になることもインプラントのメリットと言えるでしょう。もとより、天然の歯とほとんど同じになるので、唾液の分泌が良くなって消化機能が改善します。それに加えて、よく噛むことで脳も活性化されます。このように全身状態に良い影響を与えるのも、インプラントの大きなメリットだと思います。

インプラントのデメリット

本題のデメリットの方ですが、ストレートに言って、高額な治療費です。まず、インプラントの材料自体が高額です。それに加えて、インプラントには高度な技術力が求められるので、常にたくさんの学会や勉強会に参加しなければなりません。学会や勉強会に参加する都度、お金がかかります。これらの総合的な理由で、どうしてもインプラントは高くなってしまうんですよ。

また、デメリットと言えるかどうかは分かりませんが、インプラントはすべての人が受けられる手術ではありません。虫歯や歯周病の治療に比べると、適応対象の人がやや限定される、ということになりますね。

インプラントができない人

全研本社ヘルスケア編集部

確かに、煙草を吸っている人はインプラントが難しい、なんて聞きますよね。喫煙以外にも、いくつかの理由でインプラントが制限されることがあることは聞いたことがあります。具体的にはどんな人なんでしょうか?

松本正洋先生

インプラントができない人は、「骨密度が足りない方」と「糖尿病などの病気を持っている方」がいます。それぞれ説明していきますね。

骨密度が足りない場合

まず、骨の密度が足りない人です。インプラントは、器具と骨がくっつくことを前提にした治療なのですが、骨の密度が足りないと、器具が骨にきちんとくっつきません。密度の薄い患者さんには、骨を補強する処置をやってから治療を行うことがあります。

病気を持っている場合

続いて糖尿病の方や心臓病の方です。糖尿病の方は、器具と骨が結合しにくいんですよ。どうしてもインプラントをやりたいというならば、血糖コントロールをした後に治療を行います。心臓病の方も治療のリスクがあるので、患者さん本人の了承を得たうえで、麻酔科医常駐のもとで治療をしなければなりません。また、麻酔にショック症状のある方も、慎重にチェックしたうえで治療が検討されます。

そういった病気を持っていたり、既往歴があったりする人は、治療を相談するときにしっかりと自己申告することが大事です。

まつもと歯科総院長・松本正洋先生より

松本先生の画像

松本 正洋歯科医・医療法人真摯会理事長

安全性、長持ちすること、違和感がないこと…患者様のことを一番に考えたインプラントのために、つねに最善を模索する。それがまつもと歯科含む、医療法人真摯会全7医院のスタンスです。

7医院合計で、2017年は2,332本のインプラント埋入(埋めて、入れること)を行なっており、その数は日本でも指折りだと自負しております。

Webで治療費・治療方法・治療期間の無料診断を行っておりますので、気軽にやってみてください。


まつもと歯科

所在地
大阪府吹田市山田東2-1-1
アクセス
阪急千里線「山田駅」より車で9分
※駐車場26台完備
電話番号
06-6878-4500

吹田のまつもと歯科の
公式サイトを見る

まつもと歯科に
問い合わせる

[営業時間]
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00

免責事項

インプラント治療は、セラミックなどの歯に似せた被せ物を装着することで歯の見た目を美しくする治療です。

症状や治療法、クリニックによって費用は異なります。治療回数や期間もそれぞれ異なりますので、詳しくはクリニックへご相談ください。副作用やリスクなども治療方法によって異なりますので、不明点や不安な部分については、クリニックの医師に相談してから治療をご検討いただくことを推奨いたします。

サイト監修・松本先生(まつもと歯科)