ノンメタル治療

金属アレルギーを持つ方におすすめの治療法・ノンメタル治療について解説しています。ノンメタル治療を積極的に行なっているまつもと歯科の総院長である松本先生にお話を伺いました。

ノンメタル治療とは

ノンメタル治療は、金属を使用せずに口の中を治療する方法です。全身に害をもたらす可能性がある金属を、無害の材質へ再修正していきます。まつもと歯科では積極的に行なっている治療です。

まつもと歯科のノンメタル治療

ファイバーコア

虫歯の治療などで神経を取り除いた歯の治療には、歯の土台を挿入し治療をする必要があります。ファイバーコアとは、最近注目が高まっている土台の治療名で、土台の素材が「細いグラスファイバー繊維を樹脂で固めた」ものとなります。

従来の主流であった金属製の土台と比べ、強度や柔軟性に優れています。また、金属製では黒い影ができてしまうことがありますが、ファイバーコアはその心配がありません。金属製では歯根を破損する可能性がありましたが、ファイバーコアはしなやかで弾力性があり、歯根の破損リスクが少ないのも特徴となっています。

メリット

  • 色が白いので被せ物をしたときに透明感が出て見た目がきれい
  • 歯茎や歯根が黒ずまない
  • 強度が高く、しなる性質もあるので根っこが割れる可能性が低い
  • 金属アレルギーがない

デメリット

  • 歯の根っこの量が少ないと治療が受けられない
  • 費用がかかる

セラミック治療

セラミック治療では、虫歯ができて削った箇所にセラミックを詰めたり被せたりします。従来の治療で一般的であった、金属素材に代用されるものです。

セラミックの色が歯と大きな差異がないため審美性に優れ、虫歯部分を広範囲にわたり削る必要がありません。また、現在銀歯や金歯、銀の被せ物がある場合、セラミックへ交換する治療があります。お口の中にある金属が気になるなら、セラミックに変えることで生活の質が上がるでしょう。

まつもと歯科では、「セレッククラウン」「セラミッククラウン」「オールセラミッククラウン」の3つのセラミック治療を提供しています。

メリット

  • 金属を使用していないので歯茎の黒ずみや変色の心配がない
  • 虫歯になりにくい

デメリット

  • セラミックは陶器なので、金属に比べて強度が劣る
  • 保険適用外だから値段が高い

ノンメタルインプラント(ジルコニアインプラント)

ジルコニアは、近年のインプラント治療で注目が集まっている素材です。歯科で使われるジルコニアはセラミックの一種で、耐久性など、強度面が優れています。ジルコニアでインプラント治療を行なう場合、土台もジルコニアでできたものを使います。そのため、従来で一般的であった金属と比べて体に優しい素材です。「ノンメタル治療」がスタンダードになりつつある現在、ジルコニアは強度も高く審美性にも優れている素材です。

金属の害について

金属の害は金属アレルギー・アマルガムの害・ガルバニック電流の3種類。どういった害なのか解説しています。

金属アレルギー

歯科治療で使われている金属で、金属アレルギーを発症するケースがあります。インプラントの土台や被せ物の金属素材が体内に吸収され、体調の不調の原因となるケースも。その症状はさまざまで、頭痛や倦怠感、湿疹などです。内科で診察をしても原因がなかなか特定でいないことが多く、その場合は歯科で相談をしてみるとよいでしょう。過去に行なった歯科治療が原因で金属アレルギーを起こし、健康の害となっていることが多くみられます。

歯科用金属・アマルガムの害

アマルガムとよばれている歯科治療で用いる金属は、健康に害を与えかねない素材です。水銀を50パーセントほど含有していて、自律神経の乱れに似た、頭痛や不眠、めまいなどの症状を引き起こす可能性を秘めています。そのため、原因不明の体調不良がある場合、お口の中の金属を全てセラミックに変えると改善するケースが多くあります。

金属が発する電流による害(ガルバニック電流)

銀紙や金属製のスプーンをかむとビリっと電気が流れた感覚になることがありますが、それがガルバニック電流です。異なる金属同士が触れ合うことで発生します。ただ唾液によって伝導性が高まっている場合は1種類の金属でも発生する場合もあるようです。

ガルバニック電流の健康に対する害は幅広く、自律神経を乱すことすらあります。原因不明のめまいや頭痛、倦怠感など症状はさまざま。原因がガルバニック電流である場合、特定をすることは簡単ではありません。過去に受けた歯科治療で、「どのような金属素材を使って、どこの歯とどのように治療したか」覚えていることはほとんどありません。そのため、原因不明の体調不良が続くのであれば、歯科治療で使った金属の害に目を向けてみるとよいでしょう。

カリエスリスク

「カリエスリスク」とは、虫歯になりやすい危険度の意味です。そして、カリエスリスクテストが、虫歯になりやすいかなりにくいかを検査するテストです。

虫歯になりやすい原因には、虫歯菌や唾液の量、唾液や歯の質がポイントとなりますが、特に銀歯などを使用している方は、このリスクが高まります。銀歯が劣化すると、歯と銀歯に隙間が生まれ、そこから虫歯に発展することがあるのです。

まつもと歯科総院長・松本正洋先生より

松本先生の画像

松本 正洋歯科医・医療法人真摯会理事長

アマルガムの毒性は、妊婦さんにも影響が出るという研究結果も出ています。また、「1997年、開業医の島津医師が京都市内の小学生250人を調べると、38%がアマルガムの治療を受けており、その中で皮膚炎がある確率は48%なのに対し、アマルガムが使用されなかった児童は8%」という報告もあります。

原因不明の体調不良や頭痛、アレルギーに苦しんでいる方は、一度口腔内の金属を疑ってみるのも手です。ぜひ一度ご相談ください。


まつもと歯科

所在地
大阪府吹田市山田東2-1-1
アクセス
阪急千里線「山田駅」より車で9分
※駐車場26台完備
電話番号
06-6878-4500

吹田のまつもと歯科の
公式サイトを見る

まつもと歯科に
問い合わせる

[営業時間]
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00

関連ページ

サイト監修・松本先生(まつもと歯科)