無痛治療

痛みを抑えた治療が受けられる無痛治療。治療時に使用する麻酔の種類についてまつもと歯科の総院長である松本正洋先生に伺いました。また、まつもと歯科ではどのような取り組みをしているのかについても紹介します。

無痛治療イメージ

歯科医による無痛治療とは

治療時の負担を減らすために麻酔を使用します。治療時の痛みだけでなく、麻酔注射を打つ際の痛みを和らげる表面麻酔を使用。できる限り、施術を受ける人の恐怖心や不安を和らげてくれます。

麻酔薬を針で注入する際の温度とスピードも重要です。麻酔薬を冷たいまま注入すると、体内との温度差により痛みを感じます。そのため麻酔薬を人肌に近い温度に温めて注入。ゆっくり注入することで肌にかかる圧を減らして、痛みを軽減できます。医師の手で注射麻酔を行う場合は、豊富な経験と技術力が必要です。クリニックによっては、注入スピードを調整できる電動麻酔器で対応しています。

麻酔をしているのに痛みを感じる?

強い痛みを感じないように使用する麻酔ですが、必ずしも痛みを完全に防いでくれるわけではありません。例えば大きな虫歯や親知らずの腫れにより炎症が起こっていると、麻酔が効きづらくなってしまうのです。その際は炎症の処置をしてから麻酔をかけます。

他にもあごの骨が太い男性だと麻酔が効きにくい可能性があるため、通常の麻酔よりも効果が強い伝達麻酔を針で注入するケースがあるようです。

無痛治療のメリット

無痛治療の最大のメリットは、「痛くない」ということです。世の中には多くの歯医者恐怖症の人がいますが、そもそも歯医者恐怖症になった理由は、歯科治療で痛い経験をたくさんしたから。痛い経験をしていなければ、通常、歯医者恐怖症にはなりません。

治療が痛くなければ、治療に向けた精神的なストレス・抵抗も軽くなるでしょう。結果、治療に前向きになり、虫歯や歯周病などから歯を守る意識へとつながっていくのではないでしょうか?

無痛治療のデメリット

無痛で治療をするためには、歯茎に表面麻酔を塗布して時間を置いたり、ゆっくりと麻酔液を注入したり、歯の内部に麻酔薬が浸透するまで待ったりなど、治療を始めるまでにやや時間がかかります。よって「忙しくて時間がない患者に無痛治療をする」ということは、矛盾していることになるのでできません。ある程度、時間に余裕を持って治療に臨むことが必要です。

麻酔について

麻酔の種類は、笑気麻酔や静脈麻酔などさまざま。麻酔によって効果が異なり、意識が残るものと残らないものに分けられます。痛みや不快感を極力抑えたい人は、意識の落ちる静脈内鎮静法や全身麻酔を選ぶと良いでしょう。体への負担を抑えたい場合は、笑気麻酔や局所麻酔による治療がおすすめです。

静脈内鎮静法

点滴無痛麻酔とも呼ばれる麻酔で、文字通り点滴を使って麻酔薬を注入します。インプラントや親知らずの抜歯など、口内にダメージを与えやすい治療にて使用される麻酔です。麻酔をかけた後は眠った状態になるため、施術時の痛みや不快感をほとんど感じることなく治療を受けられます。静脈内鎮静法を受けた人の中には、「気づいたら治療が終わっていた」と感じた人もいるほど。痛みを感じたくないという人は、静脈内鎮静法や全身麻酔を用いた治療を受けると良いでしょう。

全身麻酔

静脈内鎮静法が効きにくい人や長時間の治療が必要な人に使用する麻酔です。意識のない状態になるため、治療中は静脈内鎮静法と同じく痛みや不快感を感じません。点滴での麻酔がかけにくい場合は、マスクから麻酔を吸う吸入麻酔で対応します。

デメリットとして、アレルギー反応や術後神経麻痺などの合併症、吸入麻酔によるのどの痛みが起こる可能性があります。しかし、全身麻酔は麻酔担当医が管理しながら行うため安全性が高い歯科治療を受けることが可能です。

局所麻酔

一部にのみ麻酔をかける方法で、表面麻酔も局所麻酔の一つです。部分的に行う麻酔のため意識は残りますが、全身麻酔と比べて体への負担が少ないというメリットがあります。表面麻酔の他にも浸潤麻酔や伝達麻酔があり、浸潤麻酔は歯肉に対し麻酔薬を注入する方法です。伝達麻酔は麻酔が効きにくい下顎の奥歯を治療する際、浸潤麻酔と一緒に注入します。伝達麻酔は効果が数時間続くので、その分鎮痛薬の量を減らして体への負担を軽減できるのがメリットです。アレルギー反応が起こるリスクが低いのも嬉しいポイントでしょう。

笑気麻酔

鼻を覆うマスクを着けて笑気ガスを吸入し、痛みを軽減する方法です。全身麻酔と違い、こちらは治療中に意識が残ります。鎮静作用に加えて鎮痛作用もあるため、リラックスした状態で治療を受けられるのがメリットです。吸入を止めることで意識が回復するため、通常の麻酔と比べて治療後の休憩が短く、すぐに帰宅できます。

まつもと歯科で行われる無痛治療について

当サイトを監修していただいている吹田市のまつもと歯科では、どんな症例の患者に対しても無痛治療を前提としています。まつもと歯科が行っている無痛治療について、要点を3つ確認してみましょう。

その1:痛みが出そうな治療にはかならず麻酔をする

「少し痛むかもしれませんが、我慢してくださいね」と患者に伝え、麻酔をせずに治療をする歯科医師が多いようです。あるいは、「痛いときには左手を上げてくださいね」などと言い、麻酔をせずに治療を始める歯科医師もいます。

一方でまつもと歯科は、痛みが生じる可能性がある治療に対しては、かならず麻酔をするのが大方針。歯科医師にとって、この姿勢は原則であり基本であると、まつもと歯科では考えています。

その2:痛くないように麻酔を注入する

麻酔が効いてしまえば痛みはありませんが、そもそも麻酔の注射自体が痛い場合があります。まつもと歯科では、麻酔注射の際にも患者が痛みを感じないよう、以下の段取りで麻酔を行っています。

1.事前準備をする

超極細の針を用意します。これだけでも、麻酔注射の痛みはだいぶ軽くなります。また、麻酔薬は人の体温とほぼ同じ36度まで温めておきます。麻酔薬が冷たいと、患者はこれを「痛み」と感じてしまうことがあるからです。

2.痛点を避けて針を刺す

痛点を避けて針を指します。痛点とは、痛みを感じる細胞組織のこと。一般的な歯科医師なら痛点の場所が分かりますが、これをきちんと避けて麻酔注射をする歯科医師は少数派です。

3.ゆっくりと麻酔薬を注入する

1秒に1滴のペースで、ゆっくりと麻酔薬を注入していきます。急に麻酔薬を入れると歯茎に違和感が生じ、患者はこの違和感を「痛み」と感じてしまうことがあるからです。

4.麻酔をしてから十分な時間を置く

麻酔薬の効果がしっかりと行きわたるまで、十分な時間を置きます。麻酔が十分に行きわたってから、さらに核心部に向けてゆっくりと麻酔注射を進めていきます。

なお、まつもと歯科では、原則として麻酔注射の前の表面麻酔を行っていません。なぜならば、表面麻酔自体の効果があまり高くないからです。表面麻酔を使うよりも痛点を避けて針を刺すほうが大事、と同院では考えています。

その3:痛みが出ないように治療をする

麻酔が十分に効いている歯であれば、どんな治療を行っても痛みを感じることはありません。ただし、歯を削るときに強い振動があったり、粗い手さばきで治療を行ったりすると、それらが原因で患者は「痛い」と感じてしまうことがあります。

まつもと歯科では、十分に麻酔が効いた歯であっても、振動などで痛みを感じさせることのないよう、繊細かつしなやかな手さばきで治療を行っています。

松本正洋先生の画像

松本 正洋歯科医・医療法人真摯会理事長

「無痛●●」と聞くと、「ほんとに無痛なの?」と疑問に思う方も多くいるでしょう。実際、無痛分娩が痛かったという方は多くいらっしゃるようです。

まつもと歯科の治療は、痛みが予想される治療には麻酔をするようにしています。
麻酔には注射を使うこともありますが、注射自体も痛みがないように工夫をしています。

まず、注射の痛みには刺すときの痛みと注入時の痛みがあります。
刺すときの痛みは、「痛点」と呼ばれる箇所で発生しますが、極細針を使用して痛点の少ないところに注射をすれば、痛みが抑えられます。。
また、麻酔の温度を人肌に近い温度にしているので、点滴の時に感じるひんやりした気持ち悪さや、それによる痛みを感じることはありません。
麻酔が効いてきた時を見計らって治療を開始しますので、もちろん治療中も痛みはありません。


まつもと歯科

所在地
大阪府吹田市山田東2-1-1
アクセス
阪急千里線「山田駅」より車で9分
※駐車場26台完備
電話番号
06-6878-4500

吹田のまつもと歯科の
公式サイトを見る

まつもと歯科に
問い合わせる

[営業時間]
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00

関連ページ

Twitter Facebook B!ブックマーク LINE
松本正洋先生画像

サイト監修・松本先生(まつもと歯科)