歯周病治療

歯周病の原因は、歯と歯茎の間にある歯周ポケットが不衛生になることにあります。どのような治療法で歯周病を予防・改善できるのでしょうか?吹田市にあるまつもと歯科医院の松本正洋先生に伺ってみました。

治療イメージ

まつもと歯科の歯周病治療

スケーリング(歯石除去)

スケーリングは、歯石を取り除く治療法です。歯石とは歯垢が固まって石のようになったもの。歯垢は歯の表面についている細菌の集合体を指します。歯垢は黄色みがかった白色で、ねばねばとした粘着性がある物質です。歯垢が唾液中のミネラルと結合すると、硬い歯石が形成されます。歯と歯茎の境目や歯と歯の間などにできた歯石は、歯磨きだけでは取り除くことが困難です。放置すると歯石が増え続け、歯肉を刺激して歯周病を引き起こすほか、歯周病を悪化させる原因にもなります。歯周病の予防と改善のために、歯石除去は大切です。自分で取り除くことはできないため、クリニックで除去してもらう必要があります。

まつもと歯科ではスケーラーという器具を使用し、歯と歯の間や歯周ポケットなどに付着した歯石を除去。表面が凸凹している歯石には歯垢がつきやすく、歯茎の炎症を引き起こす原因になるため、歯石除去によって歯周病の改善・予防を行います。

PMTC(歯のクリーニング)

PMTCはプロの歯科衛生士が行う、専用の器具を使用した歯の清掃方法です。セルフケアでは落としにくい歯の間や歯茎などの汚れを、重点的にクリーニングするのがポイント。

歯垢をそのままにしておくと虫歯菌や歯周病菌などが住み着き、毒素を生成します。これらが歯肉の血管から血中に入ると血栓を作り、心筋梗塞や脳梗塞といった重大な疾患につながる可能性があるのです。

歯垢の塊を取り除くことで、虫歯や歯周病だけでなく体全体の疾患の予防が期待できます。

まつもと歯科では、専用の機械と研磨剤を使用してクリーニング。歯の表面や歯の隙間などについた落ちにくい歯垢を徹底的に除去し、虫歯の再発を防止。歯と歯茎の間もきれいにすることで、歯周病の予防や改善につなげます。

PMTCは歯の着色汚れも取り除けるため、本来の白さを取り戻したい人に提案されている治療法です。フッ素を添加した研磨剤を使うことで歯の再石灰化が促進されるので、歯の強化にもつながります。

痛み・歯科恐怖症への対策(歯周病編)

歯周病による痛み

歯周病が進むと、歯肉から歯の象牙質が出てくることがあります。歯肉が後退し、エナメル質に覆われていない部分が出てきてしまうのです。そこに刺激が加わると神経を伝って痛みを感じてしまいます。

歯科恐怖症の方向けの歯周病治療対策

まつもと歯科では、歯科恐怖症の方でも治療ができるよう、笑気ガスを用いた麻酔を行なっています。笑気ガスを吸入するとリラックスした状態で治療を受けられ、治療中の感覚がほとんどありません。笑気麻酔は保険が適用されるので、費用が気になる方でも安心して利用できます。

歯周病とは

歯周病とは、歯ぐきが腫れる・出血するといった状態のことです。症状が進行すると、歯を支えている骨にも影響を及ぼします。

ポケットの深さによる段階と、必要な大体の治療期間

歯周ポケットの深さによって歯周病の段階が分かれます。

歯周ポケット

画像提供元:松本歯科 https://www.matsumoto.or.jp/sin_sisyu/g_1.html

健康部(歯周ポケットが3mm以下)

歯肉がピンク色で引き締まっており、歯の間も狭い状態

歯肉炎(ポケット3mm以下)

歯肉の下がりはまだ見えないが、歯肉が赤く腫れている。検査の際に歯肉ポケットから出血することがある

歯周炎(4mm以上6ミリ未満)

歯ぐきが下がり、口臭や違和感などの自覚症状が出てくる。歯周ポケットから歯や膿や歯垢などが出てくることがある

歯周炎が進むと徐々にポケットが深くなっていきます。すると深くなったポケットに歯垢や歯石などが入り込むため、歯周病がさらに進行していくのです。

日本人が歯を失う原因の第1位は歯周病

歯周病は日本人が歯を失う原因1位と言われています。症状に気づきにくく、気づいた時には症状が進んでいることがほとんどだからです。歯周病で手遅れになる前に、早い段階で気づかなければなりません。そのために歯の検査や定期検診が大切なのです。

歯周病の原因

食事の時にあまり噛まない、間食が多い、柔らかいものばかり食べるといった食習慣が主な原因です。

食事以外ではストレスのほか、たばこや不十分な歯磨きなどの原因で歯周病になる場合があります。いずれも口内の環境が悪く、歯垢ができやすい環境にしているといってよいでしょう。

歯周病の症状

以下のような症状が当てはまれば、歯周病になっている可能性があります。

  • 朝起きた時に口のなかがねばついているときがある
  • 歯を磨くと、歯ぐきから血が出ることがある
  • 口臭がある。または指摘されたことがある
  • 自分の歯が長くなったような気がする
  • 冷たいものを口にすると歯が沁みるようになった
  • 歯ぐきが腫れて痛むときがある
  • 歯がぐらぐらしている
  • 食べ物が歯に挟まりやすくなった

当てはまる項目が多いほど歯周病の可能性大です。歯科医に見てもらいましょう。

歯周病になると口がねばつく、歯茎が腫れるなどの症状が生じるほか、咀嚼(そしゃく)機能の低下といった深刻な問題を引き起こすことが知られています。

歯周病と噛む力の関係を調べたところ、歯周病の度合いが高い人ほど食べ物を噛む力が弱いことがわかっています。歯周病になると歯茎が弱まって歯が動いてしまうため、きちんと物を噛めなくなるようです。[※1]

まつもと歯科では、毎日のケアと医院でのメンテナンスで歯周病を防ぐ治療法を提供しています。毎日丁寧なブラッシングを行うことで歯垢の除去を推奨し、医院では歯石を取って歯周ポケットを正常な状態に保つという方法です。

歯周病の検査

歯周病の検査は大きく分けて3つです。まずは歯周ポケットの深さをプローヴという細長い金属棒で測ります。この時に歯周ポケットがどれくらい深くなっているかで歯周病を判断するのです。

次に歯ぐきから出血していないか確認します。これでわかるのが、歯ぐきの炎症です。さらに歯のぐらつきも確認できれば、歯槽骨(しそうこつ)という顎の骨が失われていることもわかります。

歯周病を放置すると起こること

歯周病は口内で起こる病気ですが、放置すると症状が悪化し、体にも影響を及ぼす場合があります。

全身に影響が出る

歯周病菌は、歯周ポケットから流れ込んで全身に回る場合があります。全身に広がった歯周病菌は、体内のさまざまな臓器へ広がり、炎症を起こしてしまうのです。最悪の場合、心臓疾患・動脈硬化・脳梗塞・糖尿病と重い症状を引き起こす場合があります。

歯を失う

歯周病の症状が進むと歯を支えている骨が破壊され、歯が抜けてしまいます。日本人は症状が進んでから気づく場合が多いため、歯を失ってしまう方が多いのが現状です。

口臭の原因にもなる

深くなった歯周ポケットに住み着いた歯周病菌は、食べかすをエサにして、硫化水素やメチルメルカプタンなどのガスを出します。これが口臭の原因です。ガスは歯周病菌をさらに進行させるほど強い毒性を持っています。そのため、歯周病の進行と口臭の防止は、歯科クリニックでのケアが欠かせません。毎日のケアを丁寧に行ない、歯科クリニックで歯周ポケットをきれいにする必要があります。

歯周病予防のためのブラッシング

歯周病にならないためには、歯垢を残さないことが重要です。毎日丁寧にブラッシングして、歯周病の予防に努めましょう。歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシを利用することも大切です。

まつもと歯科では、ブラッシングの際は次の6つを意識するように指導しています。

参照:まつもと歯科公式HP(歯周病治療)

  • 歯ブラシの毛先を歯にしっかりあてる
  • 歯茎を傷つけないよう、優しく磨く
  • 歯ブラシの方向を変えて、いろいろな角度から磨く
  • 磨きはじめと終わりを決めて、順番に磨く
  • 時間をかけて磨く

歯の1本1本を意識して磨くことが大切です。

歯周病予防のブラッシング

歯垢が落ちやすい「スクラビング法」

歯ブラシを歯に対して垂直に当てて磨く方法です。この方法をとること歯垢が落ちやすくなり、磨き残しを減らすことができると言われています。

ポイントとしては、ゴシゴシ力を入れないことです。ゴシゴシ力を入れた方がきれいになると思いがちですが、歯茎にダメージを与えてしまう可能性があるため注意してください。軽い力で小刻みに横に動かすようにしましょう。余計な力を入れないことで歯茎へダメージを与えることはありません。また小刻みに動かすことで、細かな部分の汚れもしっかり取り除くことができるでしょう。

もし歯茎が腫れてしまい歯周ポケットができている状態であれば、このブラッシングの効果は半減してしまいます。そのため、歯周ポケットができている方は、違う磨き方をおこなってくださいね。

歯周ポケットの隙間に届く「バス法」

歯茎が腫れているなど、歯周ポケットができてしまった方におすすめのブラッシング方です。歯と歯茎の間に45度の角度でブラシを当てます。歯ブラシの毛先を隙間に入れ、小刻みに動かしましょう。

このブラッシングも力を入れすぎるのはNGです。優しく一か所ずつ丁寧に磨くイメージで行ってください。

このブラッシングのポイントは、歯と歯茎の境目を意識することです。そうすることで歯周ポケットに入り込んでしまった汚れも取り除くことができるでしょう。

歯周病改善のブラッシング

歯と歯茎の間に45度の角度でブラシを当てて磨きます。毛先を隙間に入れて小刻みに動かすのがコツ。「バス法」と呼ばれるブラッシング法です。歯と歯茎の境目を意識して磨くようにしましょう。

歯ブラシの選び方

ブラッシングを完璧に行っても、歯ブラシの状態が悪ければ綺麗に磨くことはできません。そのため歯ブラシの状態も定期的にチェックしてください。

幅が狭いタイプの歯ブラシを選ぼう

ヘッドが大きな歯ブラシは、奥歯の細かなところにヘッドが届きにくいです。そのため磨き残しにつながってしまうでしょう。そのためヘッドが薄く、幅が狭いタイプの歯ブラシがオススメです。小さなヘッドなら、奥歯でもしっかり届きますよ。また1本1本丁寧に磨く意識もしやすくなるでしょう。

1ヶ月に1回は交換する

歯ブラシを裏側からみてください。毛先はどうなっていますか?もし毛先がはみ出しているようであれば、交換のサインです。

基本的に取り換えるペースは1ヶ月に1回程度と言われています。それよりも早いペースで毛先が乱れていれば、少し力を入れすぎている可能性があります。優しく磨くように再度意識したほうが良いでしょう。

また歯と歯の間の汚れにはデンタルフロスや糸、歯茎の汚れには歯間ブラシを使用するともっときれいに磨くことができます。部位別に専門のアイテムを使い分けるようにしてください。

自分が使いやすいアイテムを組み合わせて綺麗に歯垢を取り除き、歯周病の予防・改善に役立てましょう。

まつもと歯科総院長・松本正洋先生より

松本先生の画像

松本 正洋歯科医・医療法人真摯会理事長

歯の健康は体と心の健康に通じています。

なぜ体と心?と思うかもしれませんが、自分の歯で美味しくご飯を食べることは幸せと健康に直結しています。普段はそういったありがたみを感じにくいので、なかなか実感がわかないと思いますが、いざ虫歯で痛みを感じたとき、口内炎ができたときなど、ストレスを感じませんか?歯周病で歯茎が腫れたり、歯が抜けてしまったりすると、常にそのストレスがつきまとうことになります。

日本人が歯を失う原因No.1は歯周病!定期的なケアでその危険性は防げますので、かかりつけ歯科をつくってクリーニングに通うといいですよ。


まつもと歯科

所在地
大阪府吹田市山田東2-1-1
アクセス
阪急千里線「山田駅」より車で9分
※駐車場26台完備
電話番号
06-6878-4500

吹田のまつもと歯科の
公式サイトを見る

まつもと歯科に
問い合わせる

[営業時間]
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00

関連ページ

参考資料

サイト監修・松本先生(まつもと歯科)