ホワイトニング治療の注意点とは?

ホワイトニングは、薬剤を使って歯を白くする治療法です。こちらでは一般的なホワイトニングに関する知識や吹田のまつもと歯科が提案するホワイトニングから、医院で行なう方法と家で患者さんにしてもらう方法の2種類を紹介しています。ホワイトニングが向かない方、メリット・デメリットもまとめているので、ぜひご覧ください。

ホワイトニングイメージ

ホワイトニングとは?

ホワイトニングとは、歯を白くする歯科治療の総称。薬剤を用いて行うホワイトニングのほか、広い意味では、歯の表面の汚れを除去するクリーニングや、歯の表面を白いセラミックで覆うセラミック治療もホワイトニングと呼ばれることがあります。ただし一般的には、過酸化水素などの薬剤を使用したホワイトニング治療のみを指して「ホワイトニング」と呼ばれています。

薬剤を使用した一般的なホワイトニングには、次の3種類があります。

オフィスホワイトニング

歯科医院にて、歯科医師や歯科衛生士によって行われるホワイトニングのことを、オフィスホワイトニングと言います。1回の治療でも十分な効果を得られますが、より高い効果を目指す方は、2~3回ほど治療を受けるのが望ましいとされています。

ホームホワイトニング

歯科医院にて薬剤を処方してもらい、患者自身が自宅で行うホワイトニングのことを、ホームホワイトニングと言います。一定の効果を得るまでに、おおむね半月~1ヶ月ほどの期間を要します。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを並行して行うことを、デュアルホワイトニングと言います。短期間で最大限の効果を目指す方には、デュアルホワイトニングがおすすめです。

ホワイトニングの主なメリット

ホワイトニングの主なメリットを3つ見てみましょう。

歯が白くなって顔全体の印象が良くなる

ホワイトニングを受けると、歯が本来の白さを取り戻します。大半の方の歯が、それまでの色に比べて格段に白くなるでしょう。歯が白くなることにより、顔の印象が良くなります。人によっては笑顔に自信を持てるようになるため、気持ちまで明るくなっていくことでしょう。

虫歯や歯周病が同時に改善する

ホワイトニングを行う前提として、虫歯や歯周病などを完全に除去しておく必要があります。よってホワイトニングを受けるとは、必然的に、虫歯や歯周病の治療を受けることにもなります。歯が白くなることに加え、歯が健康になることは、ホワイトニングから得られる副産物と言えるでしょう。

オフィスホワイトニングなら即効性がある

オフィスホワイトニングには即効性があるため、施術の直後には歯が真っ白になります。「結婚式が近いので歯を白くしたい!」という駆け込みの患者さんにとって、とても頼もしい治療となることでしょう。

ホワイトニングの主なデメリット

ホワイトニングの主なデメリットを3つ見てみましょう。

時間とともに再着色することがある

ホワイトニングの効果は永久的ではありません。施術によって歯が白くなったとしても、その後、コーヒーやお茶、カレーなど、色の濃いものを摂り続けていると、歯は少しずつ再着色していきます。気になる程度まで再着色したら、改めてホワイトニングを受けて白くするしかありません。

期待したほどの効果を得られないことがある

ホワイトニングは、「歯を白くする治療」というよりも「その人の歯が持つ本来の白さを取り戻す治療」と考えたほうが良いでしょう。歯の本来の白さは、人によって異なります。よって、もともと歯が黄色い人は、ホワイトニングを受けても十分な効果を得られないことがあります。

人工的な歯には効果がない

ホワイトニングは、神経が生きている天然歯にのみ効果を発揮する治療です。よって、神経のない人工歯は、ホワイトニング効果を得ることができません。具体的には差し歯、入れ歯、インプラントなどです。これら人工歯を白くするには、別の治療が必要となります(白い人工歯への入れ替え等)。

ホワイトニングは保険適用されるか?

ホワイトニングには保険が適用されません。見た目の美しさ、つまり審美性を求める歯科診療は、原則として自由診療(保険の効かない診療)。ホワイトニングは「審美性を求める治療」とみなされるため、どの治療法を選択しても保険は効きません。

ただし、歯石や歯垢の除去など、いわゆるクリーニングについては、歯周病対策を目的として行う場合に限り、保険が適用されることがあります。クリーニングでも一定のホワイトニング効果を得られることがあるので、その意味においては「ホワイトニングで保険が適用されることもある」と言えるかもしれません。

以上、ホワイトニングに関する一般論を確認しました。以下では、当サイトの監修医院であるまつもと歯科のホワイトニングについて詳しく見ていきましょう。

まつもと歯科のホワイトニング

まつもと歯科では、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2つの方法を提供しています。医院で行なうオフィスホワイトニングと、自宅で行なうホームホワイトニングではどのような違いがあるのでしょうか。

オフィスホワイトニング

まつもと歯科では、オフィスホワイトニングには「ポリリン酸ホワイトニング」を採用しています。

まつもと歯科の「ポリリン酸ホワイトニング」は、炭素とプラチナナノコロイドを配合した、世界で初めての技術を駆使されたホワイトニングシステムです。国際特許を取得した「分割ポリリン酸Na」素材使用しており、「第4世代のホワイトニングシステム」とも言われています。一般的なホワイトニングと比べ、歯へのダメージが少なく、さらに施術の時間が短いことが特徴です。

治療の内容としては、歯の表面を清掃したら専用ジェルを塗って、特殊なライトを9分間当てる、ということを3回繰り返します。

注意点として、ホワイトニングをしても、何もしなければ2~3年で効果が切れてしまうことです。効果を持続させるには、専用の歯磨き粉を使用する必要があります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは自宅で行なうホワイトニングです。患者さん専用に作成した歯のトレーを使って歯を白くしていきます。オフィスクリニックで歯を白くした後、白さを持続するために行なっている患者さんも多いそうです。

松本歯科では、ライトコースとホームコースの2種類を提供しています。

ライトコースは、上の前歯6本を自宅でホワイトニングできるコースで、ホワイトニング完了までに約4週間かかります。ホームコースは上下のあごのトレーを作成し、上下前歯12本をホワイトニングするコースです。2週間のコースと4週間のコースから選べます。

ホワイトニング終了後には定期検診を3~6ヶ月に1回の頻度で実施。検診時に歯のクリーニングが必要になります。クリーニング費用は3,240円です。まつもと歯科ではPMTC(プロフェッショナルメカニカルトゥースクリーニング)という歯のクリーニングを実施しており、経験豊富な歯科衛生士が担当します。普段は磨いているつもりでも、セルフケアだけでは歯ブラシの届きにくいところに汚れがたまるもの。PMTCは機械や器具を使って細かいところまで除去します。歯ブラシでは取れない歯垢も取るので、清潔感を保ちつつ審美性も維持できるのがメリットです。歯肉炎の改善や虫歯の予防にもつながります。

まつもと歯科のホームホワイトニングはライトコースが1回2万1,600円。ホームコースは2週間コースが3万3,480円、4週間コースが4万3,200円です。ホームホワイトニングには、薬液を入れて装着するトレー(マウスピース)の作成が必要です。もしトレーを紛失・破損した場合、再製作費として1個5,400円が追加で発生するので、取り扱いには注意してください。

ホワイトニングができない方

歯牙破折のおそれがあるため、歯のエナメル質に亀裂がある方はホワイトニングができません。歯が著しく変色している、神経が死んでいる方もホワイトニングができない可能性が高くなります。歯に詰め物をしている、被せ物をしている方の場合は、表面の着色汚れを落とすか、歯を作り替えるという方法しかありません。

ホワイトニングでの痛みについて

使用する薬剤の刺激によって、知覚過敏の症状が出ることがあります。歯がずきずき痛む、冷たい風が当たると反応するといった症状が出ますが、ほとんどが一過性のものなので気にすることはありません。もし痛みが続くようであれば、薬剤の濃度を下げるといった対処をします。

歯が汚くなる理由

茶渋や食べ物の色素などが歯の表面に付着することが原因です。年齢も歯に色がつく原因で、年齢を重ねるごとに歯が着色していきますし、生まれつき歯が黄色い方もいます。

1970年代に抗生物質「テトラサイクリン」が使われていた時は、これを使用した妊娠中の母親や子どもが幼少期に服用したら、歯が茶色、グレー、縞模様と歯が変色していたそうです。

審美歯科について

ホワイトニングでは対応できない抜歯した差し歯は、審美歯科で対応してもらうのがおすすめです。審美治療で歯の機能性だけでなく、美しさも重視して治療を行います。セラミックという陶材(とうざい)を使用することで、天然の歯と同じような仕上がりで噛み合わせを改善できるのが魅力です。歯に被せ物をするセラミッククラウンや神経を傷つけないラミネートベニアなど、さまざまな症状に合わせた治療法があります。

まつもと歯科総院長・松本正洋先生より

松本先生の画像

松本 正洋歯科医・医療法人真摯会理事長

「審美歯科」という言葉が一般化して、「口元を見られている」という意識が高まっている中、ホワイトニングや矯正を希望する患者様は後を絶ちません。矯正は金額が高いので、まずは手軽なホワイトニングから…と思う方も多いでしょう。

近年はホワイトニングの流行に伴って、「ホワイトニングサロン」というものもできているようですが、その多くは医療機関ではありません。「ホワイトニングならどこでも大丈夫じゃないの?」と思ったら大間違い。薬剤の濃度、使用の方法によって、歯茎や歯を痛めてしまうこともあります。安全のためにも、歯科医師、国家資格を持った歯科衛生士が在籍する「クリニック」でのホワイトニングをオススメします。


まつもと歯科

所在地
大阪府吹田市山田東2-1-1
アクセス
阪急千里線「山田駅」より車で9分
※駐車場26台完備
電話番号
06-6878-4500

吹田のまつもと歯科の
公式サイトを見る

まつもと歯科に
問い合わせる

[営業時間]
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00

関連ページ

Twitter Facebook B!ブックマーク LINE
松本正洋先生画像

サイト監修・松本先生(まつもと歯科)