親知らず

親知らずは虫歯や歯周病などとは違い、口の中を清潔にしていてもトラブルの原因になるものとして知られている歯です。治療をしたいけど、親知らずの治療は痛いというイメージからなかなか1歩が踏み出せていない方も多いことでしょう。吹田市にあるまつもと歯科では無痛治療に力を入れており、痛みが少ない親知らず治療を受けられます。総院長の松本先生から親知らず治療に関するコメントも頂いているので、チェックしてみてください。

親知らずについて

乳歯が抜けたあとに生える永久歯は、上あごと下あごに16本ずつの全部で32本あります。永久歯のなかで最後に生えてくる歯を親知らずと言い、歯並びの1番奥に生える歯です。専門的に「第3大臼歯」や「智歯」と呼ばれ、10代後半から20代前半に生えてきます。親知らずは口の中でトラブルの原因になるものとして知られています。

親知らずが原因で起こるトラブル

親知らずが原因で起こるお口のトラブルはさまざまです。正常に生えていないことで、歯並びを悪くしたり虫歯を招いたりするのです。

生えてくるときに痛む

親知らずは歯茎を突き破って生えてくる特徴を持ちます。そのため、歯茎を突き破る際に痛みが生じることが多いようです。

歯並びが悪くなる

また、歯茎を突き破って生えてきた親知らずは、歯並びにも影響を与えることがあります。親知らずは「第3大臼歯」ですが、その手前にある奥歯である「第2大臼歯」が圧迫されることで、歯並びに影響を及ぼすのです。

親知らずは永久歯が生えそろった後に生えてきます。そのため、親知らずが生えるスペースがあるケースは稀といわれます。正常に生えてくれば問題ありませんが、限られたスペースで生えてくる親知らずは、他の歯と異なる方向の、斜めや横向きに生えることが多くあります。そうすると、第2大臼歯の圧迫からはじまり、歯並びに悪影響を及ぼしかねないのです。

虫歯

親知らず自体が虫歯になる、または親知らずと隣り合わせになっている歯の間に虫歯ができることがあります。親知らずは口の奥の部分に斜めに生えることが多いため、歯ブラシで上手に磨けずに虫歯が進行しやすい傾向があるようです。

また、親知らずが正常に生えてきた場合でも、十分なお口のケアができていないと虫歯や歯周病になるリスクが高まります。そして、このようなケースでは、虫歯や歯周病は親知らずだけにとどまらず、第2大臼歯をはじめとする、他の歯へ害が広がる可能性が高くなります。

斜めに生えてきた親知らずは、奥歯の一番奥にあることから、十分に歯磨きなどのケアができていないことがほとんどです。日々のケアが簡単ではない歯の虫歯は進行も早く、急に痛み出したり炎症したりとなかなか厄介です。少しでも奥歯に痛みや違和感があるなら、なるべく早く歯科医で診てもらいましょう。

炎症を起こしている

親知らずは入り組んだ形で生えてくることが多いので、歯ブラシでもケアしづらい部分に細菌が溜まりやすくなります。その結果、溜まった細菌が炎症を起こし、痛みや腫れを引き起こすのです。

炎症の一種に、「智歯周囲炎」というものがあります。「智歯」とは、親知らずの専門的な呼び方です。「智歯周囲炎」は、親知らずの周囲で起こる炎症全般を意味しています。

症状の一例をあげると、親知らずが斜めに生えて成長してきている時に、粘膜に歯周ポケットができます。歯周ポケット内は細菌が増殖しやすいため、炎症が起こります。そうなると、痛みや腫れが出て智歯周囲炎となるのです。

智歯周囲炎に虫歯は含まれず、治療は主に親知らずの抜歯となります。親知らずの抜歯には麻酔が使われますが、抜歯後は痛みが残ったり腫れたりします。智歯周囲炎の抜歯では炎症がすでに起こっているため、抜歯後の痛みが長引くといわれます。

歯は健康的な生活を送るために欠かせない存在です。定期的な歯科医での検診をはじめ、少しでも痛みや違和感があれば、早めに受診をするように心がけましょう。

親知らずの治療方法

親知らずの治療方法は大きく3つあります。痛みがある場合やそうでない場合に限らず、以下3つの治療法が一般的です。

抜歯

親知らずの治療法として最も一般的な治療法です。親知らずは痛みや腫れが再発しやすいため、早めに抜いてしまうのが効率的。痛みがなくても、ほかの歯へ影響を与えることを考えて抜歯を行なう場合もあります。

痛み止めの服用

親知らずによる痛みや腫れがひどくなると、口を開けることすら困難になります。その場合は、抗生物質や痛み止めを服用して痛みや腫れを緩和させることが先決。ある程度痛みがおさまったあとに、次の対処法を検討します。

削る

歯茎へあたる部分や噛み合わせなどによって、親知らずを削るのも方法のひとつです。親知らずが歯茎へあたらないようにする、噛み合わないように削ることで痛みが緩和されます。

親知らずの治療が必要となる場合とは?

親知らずは永久歯が生えそろった後に生えてきます。そのため、奥歯にスペースがないと、斜めや横向きに生え進んでしまうこともあります。ただし、全ての親知らずに抜歯が必要ということではなく、健康な生え方をしていれば治療をせずとも問題がないケースもあります。健康な生え方とは、親知らずが生えるスペースがしっかりあり、他の歯と干渉せず正常な向きに生えている状態です。

歯磨きやお口のケアが十分でない場合、親知らずが虫歯になったり歯茎が炎症を起こしたりします。そうなると、抜歯や治療をしなくてはならなくなる可能性が出てきます。親知らずは歯列の一番奥に生えているため、意識してケアをしなくてはならない歯です。歯磨き一つをとっても奥まで磨くよう気にかけることが必要になるのです。

親知らずの治療が必要になるケースの多くが、斜めや横向きに生えている場合です。周囲の歯を圧迫したり炎症を起こしたりと、他の歯にも悪影響を及ぼしてしまいます。その場合は抜歯をして治療をしなくてはなりません。横向きに生え進んでいる親知らずは、歯茎の中に埋もれてしまっている場合もあります。そのまま放っておくと、歯並びにも影響を及ぼしかねないので、しっかりと治療する必要があります。

まつもと歯科で行なっている無痛治療

「親知らずの治療は痛い」というイメージがあると思いますが、実際は麻酔が効くので痛みを少なくすることが可能です。痛いのを我慢して訪れた患者さんに「少しでも早く痛みをとってあげたい」という考えをもっているまつもと歯科。無痛治療に力を入れており、痛みがともなう治療は必ず麻酔を行ないます。麻酔は注射になりますが、超極細の針を使用したり、痛みを感じやすい点を避けて針を刺したりなど、痛みをなくすためにさまざまな対応を行なっている歯医者です。そのため、痛みが苦手な方でも親知らず治療が受けられます。

まつもと歯科総院長・松本正洋先生より

松本先生の画像

松本 正洋歯科医・医療法人真摯会理事長

神経に近い親知らずなど、普通の歯科医では大学病院への紹介状を書くような症例でも、まつもと歯科では対応が可能です。大学病院は待ち時間が長い、平日しか行けないということもあるかと思いますが、当院では予約が取れますので、ご安心ください。


まつもと歯科

所在地
大阪府吹田市山田東2-1-1
アクセス
阪急千里線「山田駅」より車で9分
※駐車場26台完備
電話番号
06-6878-4500

吹田のまつもと歯科の
公式サイトを見る

まつもと歯科に
問い合わせる

[営業時間]
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00

関連ページ

サイト監修・松本先生(まつもと歯科)