歯ぎしりをする

寝ている時にキリキリと歯をこすり合わせる歯ぎしり。食いしばりも歯ぎしりのひとつであるため、自分や周りの人が気づかなくても実は歯ぎしりをしてしまっていることもあります。そこでこの記事では、大阪府吹田市にある「まつもと歯科」の松本院長に監修いただき、歯や顎などに影響を与えることがある歯ぎしりについて解説していきます。

歯ぎしりをする原因・理由

歯ぎしりをする原因は、実際のところはっきりとわかっていませんが、考えられる原因としては下記のようなものがあると言われています。

精神的なストレス

ストレスは歯ぎしりに非常に大きな影響を与えていると考えられています。人は睡眠中に歯ぎしりをしたり食いしばりをすることで、無意識にストレスを解消しようとしています。そのため、強いストレスを感じているときほど歯ぎしりが起こりやすい傾向があります。

眠りが浅い

歯ぎしりは眠りが浅いときに起こると言われています。人は眠るときには浅い眠りと深い眠りを繰り返しています。深い眠りの時には筋肉の動きは抑制されていますが、浅い眠りの時には筋肉の抑制が溶けるため、頬の筋肉が動くことで歯ぎしりが起こると考えられています。
ストレスや飲酒、喫煙なども眠りを浅くする原因です。さらに睡眠時無呼吸症候群や逆流性食道炎の人も眠りが浅くなるため、歯ぎしりが起こりやすいようです。

歯ぎしりを放置すると起こる問題

歯ぎしりをしていると、歯だけではなく顎や肩にまで影響が及ぶことがあります。

歯がすり減ってしまう・割れる

通常、歯の形はなだらかな山型になっていますが、歯ぎしりで歯をすり合わせていることによって、歯が削れて平らな状態になってしまいます。その状態が長く続くと、削れるだけではなく歯や歯の根にヒビが入ってしまうこともあります。特に虫歯治療などで神経を抜いてしまった歯は弱くなっているため、影響が出やすくなっています。

知覚過敏になる

歯ぎしりによって歯が削れてしまうと、歯の表面を覆っているエナメル質などの部分も徐々に無くなっていきます。その状態が進行してしまうと、歯の内部にある象牙質がむき出しになってしまい、刺激が神経に伝わることになってしまいます。すると、冷たい食べ物を食べたときや歯ブラシが当たったときに知覚過敏が生じることに。

顎の痛みにつながる

顎に大きな力が加わってしまうことで、顎の痛みが発生することも。顎関節症につながることで、口の開け閉めがしにくくなってしまう場合があります。

頭痛や肩こりにつながる

歯ぎしりを続けていると、顎の筋肉の緊張に繋がります。この状態が続いてしまうと、肩や首、こめかみにつながる筋肉も緊張してしまうことで頭痛や肩こりに悩まされることがあります。

歯周病の悪化につながる

歯を支えている部分にも大きな力が加わることになります。あまりにも負荷がかかってしまうと、歯がぐらついてしまうことも。すると歯と歯の間に隙間ができるようになり、細菌が入り込みやすい状態になることで、歯周病に繋がってしまいます。

エラが張ったような見た目になる

歯ぎしりを繰り返していると、顎の筋肉を過剰に使うことになります。そのため、顎の筋肉が発達してしまい、エラが張ったような見た目になることも。

歯ぎしりへの対応方法

歯ぎしりへの対策は、歯科医院で行えるもの、自分で行えるものがあります。

マウスピースでの治療

マウスピース治療は、歯科医院で行う歯ぎしり対策として多く用いられているものです。患者ひとりひとりに合わせて作成したマウスピースを、夜寝る時に装着します。
歯ぎしりそのものをマウスピースで改善することは難しいですが、歯ぎしりによる歯や顎への影響を軽減することが可能です。

歯ぎしりに影響する要因を取り除く

ストレスや浅い睡眠を誘発する要因(飲酒や喫煙など)を取り除くことによって、良質な睡眠を確保し、歯ぎしりを軽減することも必要です。例えばストレスを感じている場合にはできるだけストレスを溜めないようにストレス解消方法を見つける、飲酒や喫煙の機会を減らすといった対策が考えられます。

松本正洋先生より

歯ぎしりは早めの対策を

歯ぎしりは睡眠中に起きていることが多いため、家族から指摘されることで気づくケースも多いようです。自分で気づいていなかったからといっても、知らないうちに歯が削れていたり顎に影響があったりする場合もあるため、早めに対策を行うことが大切です。
まずは自分の歯ぎしりにはどのような原因が関係しているかを考えてみましょう。ただし、心当たりがあったとしても、すぐに歯ぎしりを改善することは難しいことがほとんどですので、歯科医院でのマウスピース治療を併用しながら徐々に歯ぎしりを少なくしていくように対応していきましょう。

松本正洋先生の画像松本正洋先生の画像


まつもと歯科(吹田市)

住所
大阪府吹田市山田東2-1-1
アクセス
阪急千里線「山田駅」より車で9分
※駐車場26台完備
営業時間
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00
電話番号
06-6878-4500

吹田のまつもと歯科の
公式サイトを見る

まつもと歯科に
問い合わせる

[営業時間]
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00

Twitter Facebook B!ブックマーク LINE
松本正洋先生画像

サイト監修・松本先生(まつもと歯科)