TOP » 歯の症状・お悩み別解決ガイド » 歯並びが悪い

歯並びが悪い

歯並びが悪いと、虫歯や歯周病の原因になります。歯並びが良くないまま放置してしまうとどういった不具合が起こるのか?どんな治療法があるのか?などをまとめました。

歯並びが悪いことで起こる不具合とは?

歯並びが悪くても見た目が良くないだけ・食事がしづらいだけだと考えている方は少なくないでしょう。しかし、歯並びが悪いと歯ブラシでのケアが行き届かず、虫歯・歯周病の原因になってしまいます。放って置くと虫歯や歯周病の影響で他の歯もダメージを受けることに。

また、歯並びの悪さは噛み合わせも左右します。噛み合わせが良くないと骨格や姿勢に変化が起こり、肩こり・頭痛の症状まで感じるようになるのです。

良くない歯並びの種類

出っ歯

上の前歯が下の前歯よりも飛び出ているのが「出っ歯」です。別名、上顎前突(じょうがくぜんとつ)。 出っ歯だと口が閉じにくかったり、上唇が上ったままで閉じないなどの影響があります。

マウスピース矯正やセラミックでの治療が可能です。

すきっ歯

歯と歯の間に見てわかるほどの隙間がある歯並びが「すきっ歯」です。空隙歯列(くうげきしれつ)とも言います。話す時に歯と歯の隙間から息が漏れてしまい、発音しにくいことがあるようです。

歯の大きさと顎のサイズが合っていない場合や、歯の本数が不足してスペースが余っていることが原因になります。

八重歯・乱抗歯・ガタガタ

歯と歯が重なり合うようにして生える「八重歯」、他の歯と違う生え方をしている「乱杭歯」、全体的にデコボコしている「ガタガタ」などをまとめて叢生(そうせい)と呼びます。

どれも歯に対してアゴが小さいために起こるもの。そのため、アゴを拡大する・歯の本数を減らす・歯の幅を縮小するなどの治療方法が必要です。

受け口

出っ歯とは逆に、下の前歯が飛び出している状態が「受け口」です。歯科医の間では反対咬合(はんたいこうごう)とも呼ばれています。

下顎が突出しているのが原因なので、アゴがしゃくれているように見えるのが難点。矯正で歯を動かして治します。

良い歯並びとは

上下の前歯の中心が一致している

鏡に向かい、上下の前歯を確認してみてください。上の前歯2本の歯間と下の前歯の歯間が、ぴったりと真っすぐに重なっていることが、良い歯並びの基本です。

上下の歯が正しく噛み合っている

下の前歯を除き、上下の歯が1本につき2本対応している状態が正常な噛み合わせ。噛み合わせが正常な人は、通常、歯並びも良好です。

噛んだときの上下の前歯が2~3mmで重なっている

噛んだとき、上下の前歯が、前後で2~3mm程度で重なっていることが理想です。前後の幅が大きくなると、出っ歯に見えることがあります。

歯並びを良くすることのメリット

印象が良くなる

歯並びがガタガタの人に比べると、歯並びが良い人のほうが、見た目の印象が良くなることは否めません。人間の自然な発想として、悪い見た目を良い見た目に変えたいと思うことは、当然の思考です。

噛み合わせが良くなる

歯並びを良くすることで、上下の歯の噛み合わせが改善します。噛み合わせの状態は、長期的に見ると全身の健康に関わる重要な要素。健康的な一生を過ごすためには、噛み合わせを良くすること、歯並びを良くすることが大事と心得ましょう。

虫歯・歯周病になりにくくなる

歯並びが悪い状態の場合、歯ブラシが十分に行き届かない場所に歯垢がたまり、虫歯や歯周病になりやすくなります。歯並びを矯正することで、審美性が良くなるだけではなく、虫歯・歯周病などの病気の予防効果も期待できます。

口臭が軽減する

歯並びの悪さが原因で溜まった歯垢は、口臭の原因にもなります。口臭にお悩みの方は、歯並びを矯正して歯垢を効率良く除去できるようにしたほうが良いでしょう。

欧米では歯並びの良さがステータスの象徴

欧米、特にアメリカでは、良い歯並びがステータスの象徴とされています。歯並びが悪いことは、イコール「矯正する余裕がない家庭で育った」との印象を与えるそうです。

グローバル化が進んだ現代、多くの欧米人が日本を訪れています。逆に欧米で働く日本人もだいぶ増えてきました。欧米人と関わるビジネスマンにとって、歯並びの良さは基本となりつつあります。

歯並びを治すための方法

歯科医院で歯並びを治す際は、主に歯列矯正やセラミック治療を提案されます。歯列矯正には裏側矯正やワイヤー矯正、マウスピース矯正(インビザライン)などがあり、ライフスタイルや歯の状態に合わせて選んでいくのが基本です。セラミックでつくった被せ物を歯に被せて歯並びを治すのが、セラミック治療になります。

矯正

裏側矯正

メリット

  • 矯正していることが周りにバレにくい
  • 専用のコンピューターソフトで一人ひとりに合った装置をつくれる

デメリット

  • 矯正装置が歯の裏側にあるため違和感がある
  • 話す時に舌が装置に当たって発音しにくいことがある

歯の裏側に矯正装置であるブラケットとワイヤーを取りつけます。一人ひとりの歯型をもとに模型をつくり、3Dスキャンしたうえで専用のコンピューターがブラケットを設計。周囲に矯正していることがわかりにくいため、人前に立つ接客業や営業職の方におすすめです。

ワイヤー矯正

メリット

  • 比較的短い期間で矯正できる
  • 他の矯正よりも費用が抑えられる

デメリット

  • 歯の表側に装置があるので目立ってしまう
  • 歯磨きがやりづらくなる

矯正の中でメジャーなのがワイヤー矯正です。歯の表側にブラケットとワイヤーをつけて歯並びを治します。通常は銀色(メタル)のワイヤーが使われていますが、歯科医院によっては見た目に配慮して白色のワイヤーを採用しているところも。「多少目立っても構わないので早く治したい」という方はワイヤー矯正が良いでしょう。

マウスピース矯正(インビザライン)

メリット

  • 透明だから目立ちにくい
  • いつでも自分で取り外しできる

デメリット

  • 着用時間・日数が守れないと治療期間が延びる
  • ワイヤー矯正よりも費用がかかる

文字どおり、マウスピースを使って歯を矯正する治療方法のことです。透明なので目立ちにくく、取り外し可能なのが、これまでの矯正装置と異なる点。食事の時は外し、1日の終わりに丸洗いが可能です。装着している間は違和感がありますが、次第に慣れていくので問題ありません。

まつもと歯科の矯正の料金

矯正は決して安い治療ではありません。患者さんに対し少しでも負担の軽い矯正を提供したいと、まつもと歯科では矯正の治療費の分割プランを用意しています。

たとえば120回分割なら、裏側矯正が月々8,900円~、インビザラインが月々6,400円~。20回以内の分割であれば、金利は付きません。各種クレジットにも対応しているので、カード会社を通じてリボ払いに変更することもできます。

セラミック治療

メリット

  • 矯正装置よりも短い期間で歯並びが整えられる
  • 自然の歯と見分けがつかないほど美しく仕上がる

デメリット

  • セラミックを被せるために少し歯を削る必要がある
  • 歯の神経を取らないといけない場合がある

生えている歯にセラミックを被せて歯並びを整えるのが、セラミック治療です。一般的な矯正治療と比べて早く治せることから、クイック矯正とも呼ばれています。

矯正装置をつけずに治療できるだけではなく、見た目も天然の歯に劣りません。ただ、もとの歯を削る・神経を取るなどの対応が必要になることがあるため、歯科医とよく相談したうえで進めてください。

まつもと歯科のセラミック治療の料金

まつもと歯科では「セレッククラウン」「セラミック」「オールセラミック」の3種類のセラミック治療を用意しています。料金はそれぞれ43,800円、74,000円、104,000円。いずれも矯正と同様に、月々の分割払いが可能です(最大120回)。

分割払いを選んだ場合、たとえば36回払いなら月々2,800円~。1日わずか90円程度なので、どんな方でも無理なく治療を進めていくことができるでしょう。各種クレジットカードにも対応しています。

子どもの矯正

子どもの歯並びが悪くなる一番の原因は、アゴが小さいことです。そのため、永久歯が混み合った状態で生えてしまいます。

低年齢で成長期の間は骨格を治しやすく、アゴを大きくできれば歯並びもキレイにできるのです。

また、アゴが大きくなることで気道が広がり、口呼吸が自然と鼻呼吸に変わります。慢性的な鼻詰まりが改善するといった健康面でのメリットも多数あり、子どものうちからの矯正が推奨されています。

「子どもが装置をつけるのを嫌がるのではないか?」と心配されるお父さん・お母さんも多く見られますが、子どもは大人よりも順応性が高いため、すぐに慣れるケースがほとんど。食事も歯磨きも問題なくできますので、安心してくださいね。

松本正洋先生より

歯並びが変わると人生が変わります

歯並びを治したいと来院されるのは、7割が女性の方です。「子どものころに矯正ができなかった」「ずっと笑顔にコンプレックスがあった」と言われる患者様が多く、歯並びが良くなって「毎日楽しい」とおっしゃっていただけると、こちらも本当にうれしくなります。

お子さまの矯正ですと、親御さんも歯並びが悪くて過去に矯正をしていた、自分が子どものころに矯正ができなかったので子どもには同じ思いをさせたくないと言ったお声をよく耳にします。

矯正は、矯正専門医がいる歯科医院を選んでください。「選ぶのがおすすめ」ではなく、「選んでください」と言い切るには、理由があります。きちんとした治療計画を立てられる歯科医でないと、歯並びが治らない、3年で治る予定だったものが5年かかってしまったということが起こる可能性が高くなります。

実際当院にも、他院で矯正をしたものの、歯並びは治ったがかみ合わせが悪くなったという患者さまが来院されることもあります。

矯正はけして安い治療ではありませんので、慎重にクリニックを選んでくださいね。

松本正洋先生の画像松本正洋先生の画像


まつもと歯科(吹田市)

住所
大阪府吹田市山田東2-1-1
アクセス
阪急千里線「山田駅」より車で9分
※駐車場26台完備
営業時間
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00
電話番号
06-6878-4500

吹田のまつもと歯科の
公式サイトを見る

まつもと歯科に
問い合わせる

[営業時間]
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00


クローバー歯科クリニック豊中駅前院

住所
大阪府豊中市玉井町1-1-1 エトレとよなか3F
アクセス
阪急宝塚線「豊中駅」直結
営業時間
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00
電話番号
06-6857-4500

豊中のクローバー歯科
豊中駅前院の公式サイトを見る

クローバー歯科豊中駅前院に
問い合わせる

[営業時間]
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00


クローバー歯科クリニック豊中本町院

住所
大阪府豊中市本町7-1-39
アクセス
阪急宝塚線「豊中駅」より徒歩5分
営業時間
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00
電話番号
06-6857-7400

豊中のクローバー歯科
豊中本町院の公式サイトを見る

クローバー歯科豊中本町院に
問い合わせる

[営業時間]
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00

サイト監修・松本先生(まつもと歯科)