歯茎が腫れている

ここでは、歯ぐきの腫れの代表的な原因を5つご紹介します。腫れを放置すると症状が悪化する恐れがあるので、まずは歯科医院で原因をチェックしてもらうことが大事と心得ましょう。

歯ぐきの腫れの原因

歯ぐきが腫れる原因として、以下、主なものを5種類ほど確認してみましょう。

歯肉炎

歯肉炎とは、その名のとおり、歯肉に生じた炎症のこと。歯周病の初期段階の症状とされ、そのまま放置していると、歯周炎(歯槽膿漏)や歯周病などの症状へと進行します。歯肉炎を予防するためには、ブラッシング等による適切なプラークコントロールが必要です。

歯周炎

歯周炎とは、歯肉炎が重症化した状態のこと。歯と歯ぐきの間に溜まった歯垢・歯石が、歯を支える骨の方向まで進行した状態です。歯ぐきの腫れや出血、口臭、歯のぐらつきなど、さまざまな自覚症状を伴います。

歯周病

歯周病とは、歯肉炎や歯周炎の総称。歯の周りにある組織(歯肉・歯根膜・歯槽骨・セメント質)に炎症が生じた状態のことを、歯周病と総称します。歯周病を放置すると、歯ぐきの腫れや歯のぐらつきを経て、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。定期検診を通じ、初期段階で症状を食い止めることが必要です。

歯根膜炎

歯根膜炎とは、歯と歯槽骨との間に存在する歯根膜という組織に生じる炎症のこと。虫歯菌からの感染で起こることが多く、症状として歯ぐきの腫れなどが見られることがあります。適切な処置をせずに放置していると、炎症が歯槽骨まで至ってしまいます。

膿瘍

腫瘍を原因とした歯ぐきの腫れも見られます。他の組織・臓器と同様に、歯ぐきの腫瘍も良性と悪性の2種類。悪性腫瘍の場合には「口腔がん」と診断され、他の組織への転移が懸念されるため、速やかな治療が必要となります。

松本正洋先生より

一人で悩まず速やかに歯科医院へ相談を

上でご紹介しているように、歯ぐきの腫れの原因には様々なものがあります。これらのうち、何が原因で歯ぐきが腫れているかについては、きちんと検査をしてみなければなりません。

一人で理由を考えている間に、症状が悪化してしまう恐れがあるので要注意です。歯ぐきの腫れに気付いたら、速やかに歯科医院へ相談するようにしましょう。

松本正洋先生の画像松本正洋先生の画像


まつもと歯科(吹田市)

住所
大阪府吹田市山田東2-1-1
アクセス
阪急千里線「山田駅」より車で9分
※駐車場26台完備
営業時間
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00
電話番号
06-6878-4500

吹田のまつもと歯科の
公式サイトを見る

まつもと歯科に
問い合わせる

[営業時間]
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00

Twitter Facebook B!ブックマーク LINE
松本正洋先生画像

サイト監修・松本先生(まつもと歯科)