TOP » 歯の症状・お悩み別解決ガイド » 詰め物・かぶせ物が取れた

詰め物・かぶせ物が取れた

虫歯治療後は削った部分に詰め物、かぶせ物をします。その部分が取れてしまったら、どのように対処すればよいのでしょうか。また、放置するとどのような問題が起きてしまうのでしょうか?こちらではまつもと歯科・クローバー歯科での取り組みをもとに、対処法を紹介していきます。

詰め物が取れる理由

詰め物が取れやすくなる一番の原因は経年劣化です。詰め物をする際に使用するセメントが長年の装着で劣化していき、詰め物の間に隙間ができます。その時に詰め物が取れやすくなってしまうのです。詰め物と歯の間に虫歯ができてしまった場合は、詰め物の型を取った際にすでに変形していた可能性が考えられます。

詰め物が取れたまま放置すると起こる問題

虫歯が早いスピードで神経を侵食する

詰め物が取れると、開いたところに食べかすがたまりやすくなります。詰め物は、虫歯を削ってできた穴を塞ぐためのふたです。詰め物が取れると、その下にある象牙質という歯の柔らかい部分が露出してしまいます。

ここに食べかすがたまると、虫歯の再発は避けられません。さらに、象牙質にできた虫歯は進行が早く、早いスピードで神経に到達します。こうなると、虫歯に浸食された神経を抜かなければなりません。

神経を取るとさらに歯が弱くなる

神経を取った歯は栄養が行き届かなくなり、さらに虫歯を引き起こしやすい状態になってしまいます。神経を取った歯は痛みを感じません。そのため、虫歯が再発してもひどくなるまで気付かない場合がほとんどです。

また、歯の中の動脈・静脈への血流がなくなるので、歯の内部に白血球が届かない状態に変化します。そうなるとさらに菌がたまりやすい環境になり、病気にかかりやすくなってしまうのです。詰め物が取れてしまった歯は、危険だらけになってしまいます。取れた次点ですぐに対処しなければなりません。

詰め物を入れなおす・作り直す

詰め物を持参している場合は取れた部分にもう一度埋めなおす作業を行ないます。しかし、歯の状態によっては詰め物を作り直さなければなりません。

  • 詰め物が取れた歯が虫歯になっている
  • 詰め物が取れた歯が欠けている
  • 詰め物自体が腐食・欠損している
  • 詰め物が歯にフィットしない

このような場合は、詰め物を新しく作り直すことがほとんどです。

虫歯の削り方で詰め物をフィットさせる

詰め物が必要な治療でまつもと歯科・クローバー歯科が最も大事にしているのは、再び詰め物が取れないようにすること。単に虫歯を削って詰め物をするのではなく、接着剤を塗った際に歯と詰め物の間がしっかりフィットするように削るスキルが必要です。虫歯の取り残しがなく、接着力が強くなる削り方がマスターできるよう、在籍している歯科医師全員で研修を行っています。

詰め物の変形を防ぐ型取り

詰め物の型を作る際の変形を防ぐため、まつもと歯科・クローバー歯科では、石こうを流す型を保温箱に30分置いています。この工程を経ることで、型を取った際に詰め物が変形せずに完成するそうです。歯垢をつきにくくするため、詰め物の型は表面を磨いてから接着しています。

かぶせ物が取れる理由

かぶせ物が取れる場合、考えられる理由が4つあります。

接着剤の粘着力が弱まる

削った歯にかぶせる際に使っている接着剤の粘着力が弱くなることで、かぶせ物が取れる場合があります。

かぶせ物と歯の間に虫歯ができる

かぶせ物と歯の隙間に虫歯ができると、かぶせ物がはがれて取れてしまうことがあります。

かぶせ物につける接着剤が十分につけられない

歯を削った部分の面積が大きかった場合、かぶせ物をするのに十分な接着剤をつけられずに取れてしまうことがあります。虫歯の面積が大きかった際に起こりやすいケースです。

歯の削り方が十分でない

歯の削り方が十分でなかった場合、かぶせ物との接着が悪くなるので取れやすくなってしまいます。

かぶせ物が取れたまま放置すると起こる問題

かぶせ物が取れたままの歯を放置すると、口内だけでなく体のさまざまな場所に問題が出てきます

かぶせ物が取れた歯が虫歯になる

かぶせ物が取れると弱い歯がむき出しになってしまうため、虫歯になる可能性が高くなります。

周りの歯が動いてしまう

かぶせ物が取れると隣の歯や噛み合わせの歯が動いたり伸びたりしてしまいます。歯は、歯が抜けたところに向かって倒れる性質があります。そのため、かぶせ物が取れた歯に向かって倒れてくることが考えられるのです。動かなかったとしても、上下左右どちらの歯にも影響が出てきます。

顔のゆがみにつながる

かぶせ物が取れた歯をかばうため、食事の時に片側だけで噛むようになり、これがあごのゆがみ、顔のゆがみにつながります。骨のゆがみはやがて体のゆがみにつながります。そうなる前にかぶせ物を歯に付け直さなくてはなりません。

松本正洋先生より

取れたら即来院を!

詰め物が取れた=患部に直接食べかすや細菌が接触しているということ。急いでかかりつけの歯科医で対応してもらってください。

当まつもと歯科・クローバー歯科では、詰め物の接着剤にもこだわり、また詰め物と歯のすき間を極力減らす削り方で、いかに詰め物を取れにくくするかにこだわっています。

取れてしまった場合でも、もちろん飛び込みで来ていただいて大丈夫です。取れたときに痛みがなくても、取れてしまったことが気になって食事もままならないはず。すぐに対応して、おいしく食事をとりましょう!

松本正洋先生の画像松本正洋先生の画像

当該の治療に対するまつもと歯科・クローバー歯科の取り組み

かぶせ物が取れたら、詰め物と同じように早めの来院を勧めています。取れてしまったかぶせ物も忘れずに持参しましょう。取れてしまってから早いタイミングでの来院であれば、改めてかぶせ物をかぶせるだけで済みます。

しかし、歯の症状によってはかぶせ物を作り直さなければなりません。かぶせ物が取れてから虫歯ができてしまった場合、歯の削り直しが必要なので、その型に合わせたかぶせ物の作成が必要です。かぶせ物が取れた部分の周りの歯が動く、または伸びてしまった場合は削った歯と周りの歯とのバランスを見ながらかぶせ物を作り直します。

大事なのは取れた段階ですぐに歯科医院でのリカバリーを行なうことです。


まつもと歯科(吹田市)

住所
大阪府吹田市山田東2-1-1
アクセス
阪急千里線「山田駅」より車で9分
※駐車場26台完備
営業時間
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00
電話番号
06-6878-4500

吹田のまつもと歯科の
公式サイトを見る

まつもと歯科に
問い合わせる

[営業時間]
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00


クローバー歯科クリニック豊中駅前院

住所
大阪府豊中市玉井町1-1-1 エトレとよなか3F
アクセス
阪急宝塚線「豊中駅」直結
営業時間
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00
電話番号
06-6857-4500

豊中のクローバー歯科
豊中駅前院の公式サイトを見る

クローバー歯科豊中駅前院に
問い合わせる

[営業時間]
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00


クローバー歯科クリニック豊中本町院

住所
大阪府豊中市本町7-1-39
アクセス
阪急宝塚線「豊中駅」より徒歩5分
営業時間
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00
電話番号
06-6857-7400

豊中のクローバー歯科
豊中本町院の公式サイトを見る

クローバー歯科豊中本町院に
問い合わせる

[営業時間]
月~土:9:00~13:00/14:00~20:00

サイト監修・松本先生(まつもと歯科)